シェアする

MarsEditで一度挿入した画像を設定が反映されたままサクッと再挿入する方法【少杏特:007】

タイトル

ブログを書くときに使っているブログエディタ「MarsEdit」はホント便利で、ブログを書くときはこれ以外考えられないぐらいです。

いつものようにブログを書いている時でした。操作の手順のスクショを差し込み、説明書きをしていて「あ、この画像いらないな」ってことで、一旦配置した画像のコードを削除しました。

記事が書き上がって読み返してみると「あ、やっぱりこの画像必要だわ」ってことで、再度画像を挿入したくなる…というあるある事例が勃発(笑)

じゃあ再度画像を挿入しようとなると、挿入時の設定(追加タグ等)や、altのテキストを再度入力したりで、ちょっと面倒くさいんです。

ですが、以前挿入した時の設定をそのまま反映させて、再度挿入する方法がみつかったので、その方法をまとめました。

スポンサーリンク
ad

一度挿入した画像の設定をそのまま再挿入する方法

1MarsEdit上に画像を挿入します。必要であれば、配置したい画像に追加するstyle設定(CSS等)やAltのテキストも追加してUpload with Postをクリックします。

MarsEditで挿入した画像を再挿入する_001

2記事本文内に画像を挿入すると「Updates」に、次回「Send to Blog」をクリックした時にサーバへアップする画像が追加されます。

MarsEditで挿入した画像を再挿入する_002

3一度挿入した画像データを、再度本文中に挿入したい場合は、Uploads内の挿入したい画像を選んで、挿入したい箇所にドラッグ&ドロップしてください。

MarsEditで挿入した画像を再挿入する_003

4そうすると、はじめに画像を挿入したときの設定が反映された状態で、再度画像を挿入する事ができます。

MarsEditで挿入した画像を再挿入する_004

こんな感じでコードが挿入されます。

gif

あんじゅの思うトコロ

今回のネタは、ものすごい杏少得(少なくても杏珠だけは得をするMacTips)な内容でした(笑)

微妙に時短できるテクニックなんですけど、ちりも積もればなんとやら…なので、もし興味をもっていただけたら参考にしてみてくださいね!。

ちなみに、挿入した画像を一度サーバにアップロードしたあとは、この方法は使えませんのであしからず。

使用中のMac環境

記事内で使用しているMac環境は以下の通りです。
スペック一覧
モデル名 MacBook Pro(15-inch,Mid 2010)
CPU Core i5,2.4GHz
メモリ 8GB(4GB+4GB)
ディスク SSD(250GB)+HDD(1TB)に換装
OS OSX Yosemite(10.10.5)
環境状況
杏珠
以上、色々ネタには困らない杏珠でした。それではまた!
MarsEdit – for WordPress, Tumblr, Blogger, etc.
【価格:¥4,800/2017.8.20現在】

関連記事

The following two tabs change content below.
杏珠(あんじゅ)
1972年生まれ。東京都八王子出身・中野区在住。デジタル機器やデジタルサービスを駆使して、いつでもどこでも人生を謳歌する「デジタル寅さん」として活動中。デジタルの楽しさを知ってもらうためのデジタルサポートを行っています。 その他にはグラフィックデザイナー、料理や食を通じてコミュニケーションを楽しむ研究をしている「食と心の研究家」としても活動。料理コミュニティ「キッチン男子部」の顧問も。