シェアする

Finder上のファイルをコピーではなく「移動」させるキーボードショートカット【少杏特:001】

タイトル

もう20年以上、仕事でもプライベートでも、ほぼ毎日使っているMac。

それだけMacを使っていても、まだまだ知らないことや、使わなすぎて忘れちゃったことってあるんですよね。

その他に、自分が当たり前に使っている機能だけど、それを人に伝える時用の記事ってないなって思ったんです。

万人受けはしないけど、少なくても記事にすれば私は得をするので、備忘録的な記録として「少なくても杏珠だけは得をするMacTips」をはじめます(笑)

1発目は「Finder上のファイルを移動するためのキーボードショートカット」です。

使用中のMac環境

記事内で使用しているMac環境は以下の通りです。
スペック一覧
モデル名 MacBook Pro(15-inch,Mid 2010)
CPU Core i5,2.4GHz
メモリ 8GB(4GB+4GB)
ディスク SSD(250GB)+HDD(1TB)に換装
OS OSX Yosemite(10.10.5)
環境状況

スポンサーリンク
ad

ファイルの移動をしたい

このネタを始めたい理由になったのは「Finder上のファイル移動をキーボードショートカットで実行したい」ってことでした。

移動したいディレクトリやフォルダを開いて、そこにファイルをドラッグ&ドロップすればファイルの移動はできますけど、ドラッグ&ドロップするのが面倒くさいんです(笑)

なので、ショートカットでサクッと移動できないモノか?と思って調べた所、ありましたありました。

ファイルの移動をショートカットでする方法

Finder上でファイルの複製をする場合は、複製元のファイルを選択しcommand+Cでファイルをコピーして、任意の場所でcommand+Vをすれば複製ができます。

デラ研 capture 001

▲間違ってしまった場合は、command+zでやり直すことも可能です。

ファイルの複製ではなく、移動をしたい場合はcommand+option+Vで移動できます。

デラ研 capture 002

▲移動が終了すると、元のファイルがなくなっています

あんじゅの思うトコロ

仕事でデザイン系のアプリを使う場合、右手でマウス操作、左手は主にキーボードショートカットを使います。

カーソルを使ってメニューバーの項目を選んでもいいんですけど、ひとつひとつの動作にはさほど時間がかからなくても、ちりも積もればなんとやら。長時間作業をして何度もメニューバーから選んでいると、そこそこタイムロスをしてしまいます。

ショートカットを指に覚えさせることで工数を減らすことができて、作業時間短縮にも繋がるので、キーボードショートカットをまだ使ったことがない人は、ぜひぜひカラダ(指?)に覚えさせちゃってみてください。

なんかが仕事できる人っぽい気分になれますよ!(おい)

使用中のMac環境

記事内で使用しているMac環境は以下の通りです。
スペック一覧
モデル名 MacBook Pro(15-inch,Mid 2010)
CPU Core i5,2.4GHz
メモリ 8GB(4GB+4GB)
ディスク SSD(250GB)+HDD(1TB)に換装
OS OSX Yosemite(10.10.5)
環境状況
杏珠
以上、まだまだ知らないコトがたくさんあるから、恥を忍んで公開していくよ!の杏珠でした。それではまた!

関連記事

関連リンク

The following two tabs change content below.
杏珠(あんじゅ)
1972年生まれ。東京都八王子出身・中野区在住。デジタル機器やデジタルサービスを駆使して、いつでもどこでも人生を謳歌する「デジタル寅さん」として活動中。デジタルの楽しさを知ってもらうためのデジタルサポートを行っています。 その他にはグラフィックデザイナー、料理や食を通じてコミュニケーションを楽しむ研究をしている「食と心の研究家」としても活動。料理コミュニティ「キッチン男子部」の顧問も。