シェアする

ダウンロードしたアプリが「●●が壊れているため開けません」と表示されてアプリが使えない場合の解決方法【少杏特:009】

タイトル

いつも便利に使っているユーティリティ「XtraFinder」のアップデートが来ていたのでアップデートしようとしたら、なぜか「●●が壊れているため開けません」と表示されてインストールできなかったんですよ。

以前「開発元が未確認のため開けないアプリを使う方法【少杏特:006】」という記事を書きましたが、こちらはアプリが開けない状態でした。

今回紹介するのは、ダウンロードしたアプリを開こうとしたら、アプリが壊れていると表示されて起動できない場合からの回避方法です。

スポンサーリンク
ad

「●●が壊れているため開けません」と表示された場合の回避方法

1システム環境設定セキュリティとプライバシーをクリックします。

設定方法

2一般「すべてのアプリケーションを許可」のラジオボタンをクリックします。

設定方法2

3ダウンロードしたアプリを開き、アプリケーションが使える状態を確認します。

設定方法3

4アプリケーションが開ける(使える)のを確認したら、セキュリティとプライバシーの設定を「Mac App Storeと〜」の項目に戻しておきます。

設定方法4

設定は以上です。

あんじゅの思うトコロ

ファイルの圧縮が正常にされていなかったり、解凍アプリの不具合で正常にファイルが解凍できないこともあります。そういった理由から今回の件は、アプリが壊れていて使えないと勘違いしてしまいました。

もし、同じような症状が起こった場合、この方法で使えるかもしれませんので、気になる方は試してみてくださいね!

注意!今回紹介した方法は、Appleが推奨するセキュリティを自分自身で解除することになります。Mac App Store以外からのアプリをインストールする場合、なにかしらの不具合が起こる可能性があります。なので、今回紹介した方法をを試す場合、あくまでも自己責任でお願いします。

使用中のMac環境

記事内で使用しているMac環境は以下の通りです。
スペック一覧
モデル名 MacBook Pro(15-inch,Mid 2010)
CPU Core i5,2.4GHz
メモリ 8GB(4GB+4GB)
ディスク SSD(250GB)+HDD(1TB)に換装
OS OSX Yosemite(10.10.5)
環境状況
杏珠
以上、わんこそばが食べたくなってきた杏珠でした。それではまた!
The following two tabs change content below.
杏珠(あんじゅ)
1972年生まれ。東京都八王子出身・中野区在住。デジタル機器やデジタルサービスを駆使して、いつでもどこでも人生を謳歌する「デジタル寅さん」として活動中。デジタルの楽しさを知ってもらうためのデジタルサポートを行っています。 その他にはグラフィックデザイナー、料理や食を通じてコミュニケーションを楽しむ研究をしている「食と心の研究家」としても活動。料理コミュニティ「キッチン男子部」の顧問も。