シェアする

【Mac】QuickTime XからYouTubeに動画をアップする方法 〜Snapz Pro Xからシームレスに〜

タイトル

QuickTime XからYouTubeに動画データがアップできることを最近知ったので、動画をアップする方法を書いてみようと思います。

スポンサーリンク
200217_ad

QuickTime XからYouTubeに動画をアップ

私はデスクトップの操作の動画キャプチャが必要なときに「Snapz Pro X」というアプリを使って録画をしています。そしてSnapz Pro Xで録画したものをQuickTime Xで内容を確認した後、QuickTime XからYouTubeに動画をアップする方法をご説明します。

1QuickTime Xのウィンドウの右下のボタンをプレスすると、動画をアップする先の選択項目が出てきます。今回はYouTubeを選択します。

操作001
操作002

IDとパスワードを求められますので、入力してサインイン

操作003

3必要な項目を入力して「次へ」ボタンを押します

操作004

4書き出しがはじまります

操作005

5動画のアップが終わると、アップ先のリンクが表示されるので、クリックするとWebブラウザが立ち上がりますので、アップされたかを確認します。

操作006

まとめ

いつもはSnapz Pro Xで動画を撮影したあとにWebブラウザを立ち上げてからアップしていましたが、QuickTime XからそのままYouTubeに動画がアップできるようになったので手間が省けました。Snapz Pro XをSnow Leopardでお使いの方は、お試しになってみてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.
杏珠(あんじゅ)
1972年生まれ。東京都八王子出身・中野区在住。デジタル機器やデジタルサービスを駆使して、いつでもどこでも人生を謳歌する「デジタル寅さん」として活動中。デジタルの楽しさを知ってもらうためのデジタルサポートを行っています。 その他にはグラフィックデザイナー、料理や食を通じてコミュニケーションを楽しむ研究をしている「食と心の研究家」としても活動。料理コミュニティ「キッチン男子部」の顧問も。