シェアする

【デラ研Topics】仕事が終わった時、握手できる関係はすばらしいのハナシ(iPad用アプリ書き出し動画あり)

skitchKckjFR

Twitterでもつぶやいたのですが、巷で噂になっている「Adobe Digital Publishing Suite」を使って、InDesignCS5からiPad用アプリを書き出してみました。試験的なこととはいえ、できた時の感動はひとしおでした。書き出した際のTipsは後日改めて書きますが、それ以上に嬉しいことがありました。

詳細は以下に

スポンサーリンク
200217_ad

今までのInDesignスキルが生かせる

仲良くさせていただいている @GAKIRA さんとの繋がりで、 生活エンジン株式会社@やなぎはし さんに「AdobeのiPad用アプリ書き出しをやってみようよ」と言われたのがきっかけで、昨日、会社にうかがってモリモリ制作に取りかかっていました。先に言うと、3時過ぎから始めて、0時過ぎまでかかりましたが、どうにか見せられるアプリができあがりました。まだベータ版ということもあって、マニュアルが英語で解読が困難でしたが、やなぎはしさんの英語力で解読していただきました。「ありがとうございます」と思うと同時に、本当に英語力が自分は必要だと心から感じました。

InDesign

↑レイアウト作業は紙媒体と同じように作業します。

Adobe Digital Publishing(iPadアプリ書き出し)に必要なアプリケーション

詳しいTipsなどは、後日まとめてエントリしたいと思いますが、InDesignを通常の業務として使っている人であれば、InDesignのスキルと、ちょっとした知識があれば、iPad用アプリの制作は結構カンタンだと思います。先に必要なツールをご紹介しておきます。

  • InDesignCS5
  • Adobe Digital Publishing Suite
    Digital Publishing Plug-in for Adobe InDesign CS5(InDesign用プラグイン)
    Digital Content Bundler(InDesignデータをとりまとめるAirアプリ)
  • Interactive Overlay Creator(動画やインタラクティブなアイテムを作成するAirアプリ)
  • Adobe Digital Content Preview Tool(作成したアプリデータをiPad上でプレビューするアプリ)

なお、Adobe Digital Publishing Suiteをダウンロードしたり、アプリ書き出し用のデータをAdobeのサーバにアップする工程の際に「Adobe ID」が必要になるので、先にAdobeのサイトにてIDを取得されることをオススメします。

Adobe ID のよくある問い合わせ

Adobe – ADOBE DESIGN MAGAZINE

Adobe Labs – Adobe Digital Publishing Suite

Adobe Digital Publishing Suite The Adobe® Digital Publishing Suite is a turnkey set of hosted services and viewer technology that tightly integrates with Adobe Creative Suite® 5 products. Using the Digital Publishing Suite, professional publishers can design and deploy engaging reading experiences across mobile devices and marketplaces.

iPad用アプリの書き出しに必要なツールです。

Adobe Digital Content Preview Tool 1.1(無料) for iPad

iPad 互換 iOS 3.2 以降が必要

Adobe Digital Content Preview Tool 1.1
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料 App
更新: 2010/10/01

images

images

最終的にはこんな感じに書き出しされます

チームや仲間と仕事をする喜び

色々試行錯誤しながら作業をすすめた結果、実験的なiPad用アプリの書き出しが成功したあと、やなぎはしさんとがっつり両手で握手をしました。仕事をしていく中で、これほど嬉しい握手はありませんでした。フリーランスで仕事をしてきた中でこんな嬉しい握手をしたのは、もしかしたら初めてのことです。

ひとりで黙々と仕事をするのもいいんですが、チームのために、もしくは誰かのためにと、仲間との関わり合いからの仕事というのも、とても学びのある、ステキな仕事のスタイルなんだなって改めて思いました。

私のようなフリーランスのデザイナーに、こんなチャンスを頂けたこと、本当に嬉しかったです。@GAKIRA さん、@やなぎはし さん、本当にありがとうございます!今後ともなにとぞよろしくお願いいたします!!

【今日の杏珠】

今日は午後から「11月6日 東京ライフハック研究会Vol.3」に、スタッフとして参加します。今回はLT初参戦ということ、そしてUstream放送に新たな試みを試そうと思っています。新たな試みというのは「CamTwist」というアプリを使って、テロップやロゴ、PinPなどを入れるといったことです。いろんな意味で、今日も楽しい一日になりそうです(^^)

101101_slide_002.pdf

↑LTのスライドはこんな感じ。


↑実験的にアーカイブしておいた動画

The following two tabs change content below.
杏珠(あんじゅ)
1972年生まれ。東京都八王子出身・中野区在住。デジタル機器やデジタルサービスを駆使して、いつでもどこでも人生を謳歌する「デジタル寅さん」として活動中。デジタルの楽しさを知ってもらうためのデジタルサポートを行っています。 その他にはグラフィックデザイナー、料理や食を通じてコミュニケーションを楽しむ研究をしている「食と心の研究家」としても活動。料理コミュニティ「キッチン男子部」の顧問も。