シェアする

【連載004】iPhone 12 Proがやってきた!〜 バックアップとデータ移行が完了編 〜

Title

前回は、無事にソフトバンクで機種変更が終了した所までお話しをしました。

今回は自宅に戻って、iPhone XSのバックアップからiPhone 12 Proへのデータ移行が完了し、無事に使える所までのお話になります。

スポンサーリンク
200217_ad

バックアップにかかった時間は約11時間

iPhone 12 Proの機種変更も無事に終わり、帰宅してからバックアップを開始する準備をしました。

準備といっても、iPhone 12 Proで必要最低限のことができるアプリのインストール&設定をするぐらいです。

本格的に使うまでのつなぎだったのと、iPhone XSで使っていたアプリのほとんどは、サブ機のiPadでも使える状態だったので問題ありません。

ということで、バックアップ開始!

旧機種のiPhone XSをMacに接続し、バックアップを始めたのは13時45分。
バックアップが終了したのは日をまたいで0時45分。約11時間かかりました(^_^;)

時間がかかっている一番の原因は…約180GBある写真(と動画)です

MacとGoogle Photo、Amazon Photoに写真のバックアップは取ってあるのですが…やっぱり手元に元データがある安心感には変えられないので(笑)

どうしても空きが必要になったら、その時に写真を整理しようと思います。

移設後の設定も特に問題なし

バックアップが終わっていることを確認し、2時30分からiPhone 12 Proにデータ移行を開始して就寝。

目が覚めた朝の8時30分にiPhone 12 Proを見てみたら、移行作業は終わっていました。
データの移行に6時間もかかっていないとは思いますが「6時間あれば終わっていた」という結果になりました。

その後は、ダウンロードされていないアプリをインストールし、パスワード等を再設定して無事に終了!

この時点では、特に問題なく使えていたのでひと安心です。

バックアップが必要ないなら「クイックスタート」

私はiPhoneを下取りする予定もあり、念のためにバックアップをMacに取りました。

下取りに出さずに旧機種を手元に置いておく方や、バックアップが必要ない場合であれば、iPhone同士で直接データを移行できる「クイックスタート」を使う方が手軽で簡単かと。

クイックスタートを使うには「iOS 12.4以降が必要」等、いくつか条件がありますので、詳しくは以下のリンク先をご確認下さいませ。

クイックスタートを使って新しい iPhone、iPad、iPod touch にデータを転送する – Apple サポート

あんじゅの思うトコロ

毎回、機種変更をする度に、ちゃんと移行できてるか心配になるんですよねぇ。

バックアップが始まったのはいいけど、終盤になって「バックアップ先の容量が足りません」みたいなダイアログが出て「えー…もっと早く言ってよ…」みたいなことがちょいちょいあったので(笑)

なんにせよ、今日までiPhone 12 Pro君は大きな問題もなく、毎日せっせとがんばってくれています!

ということで、次回は最終回!「機種変更(購入前)に用意しておきたいこと(仮)」に続きます。

使用中のMac環境

記事内で使用しているMac環境は以下の通りです。
スペック一覧
モデル名 Mac mini Server (Late 2012)
CPU 2.3GHzクアッドコアIntel Core i7
メモリ 16GB(8GB+8GB)
ディスク SSD(500GB)+HDD(1TB*2)
OS macOS mojave(10.14.6)

環境状況

現在使用中のiPhone環境

記事内で使用しているiPhoneの環境は以下の通りです。
スペック一覧
型式 iPhone 12 Pro
販売日 2020年10月23日
本体サイズ H:146.7 mm
W:71.5mm
D:7.4mm
重量 187g
画面サイズ 6.1インチ(2,532 x 1,170)
容量 256GB
セキュア認証 Face ID
OS iOS 14.2.1
コネクタ形状 Lightning

(参照元:iPhone 12 Pro と 12 Pro Max - 仕様 - Apple(日本)

関連リンク

The following two tabs change content below.
1972年生まれ。東京都八王子出身・中野区在住。デジタル機器やデジタルサービスを駆使して、いつでもどこでも人生を謳歌する「デジタル寅さん」として活動中。デジタルの楽しさを知ってもらうためのデジタルサポートを行っています。 その他にはグラフィックデザイナー、料理や食を通じてコミュニケーションを楽しむ研究をしている「食と心の研究家」としても活動。料理コミュニティ「キッチン男子部」の顧問も。