シェアする

理由が欲しいときって、どんなとき?

今日の1枚

不快な気持ちになったとき、その理由や原因を知りたくなるときってありませんか?

そんな時でも、理由を知らなくてもいいこともあったりするって、最近思うようになりました。

スポンサーリンク
ad

理由を探さなくてもいいこともある

基準としては「原因が分からないと安心できない」ってことにフォーカスしている時は、知らなくてもいいサインなのかもしれません。それだけじゃないんですけどね。

というのも「その理由が本当の理由なのか?」「その理由がいくつかの理由のうちのひとつなのかもしれない」

…更に言えば、その理由を証明できる物って、実はなかったりしませんか?
自分がそう思い込んでいるだけかもしれませんよね?

理由を知っても「ああ、そうなんだ」って、ただそれだけってココロから思える人は、理由を知ってもいいのかもしれません。

でも、理由探しに多大な時間をかけるのであれば「あ、○○(自分が信じている神、宇宙、なんでも)が解決してくれたんだ」って思った方が、私はいいんじゃないかな?って思います。

もしかしたらあなたが「自分ですべてを解決して、責任を負わないといけない」って思っているかもしれませんね(^^)

ちょっと立ち止まって考えてみてはいかがでしょうか?

あんじゅの思うトコロ

タイトルの写真ですけど、頂いたみかんに「マ」のシール。いったいどういう意味なんでしょうかね?

杏珠
以上、ミカンは種なしが好きな杏珠でした。それではまた!
The following two tabs change content below.
杏珠(あんじゅ)
1972年生まれ。東京都八王子出身・中野区在住。デジタル機器やデジタルサービスを駆使して、いつでもどこでも人生を謳歌する「デジタル寅さん」として活動中。デジタルの楽しさを知ってもらうためのデジタルサポートを行っています。 その他にはグラフィックデザイナー、料理や食を通じてコミュニケーションを楽しむ研究をしている「食と心の研究家」としても活動。料理コミュニティ「キッチン男子部」の顧問も。
スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

フォローする