シェアする

【レビュー】ファーウェイ製格安Androidタブレット「MediaPad T1 7.0」を使い倒すっ!

MediaPad T1 7.0

先日、ファーウェイジャパン株式会社主催の最新型SIMフリースマホ「P8 lite」と、Bluetoothヘッドセットとしても使えるウェアラブル端末「TalkBand B2」のモニターに参加しました。そのイベントでのサプライズモニターとして「MediaPad T1 7.0」が支給されちゃったんですよ(≧∇≦)

前々回「ファーウェイ製SIMフリースマホ「P8 lite」を使い倒すっ!〜まずは概要と外観から〜」前回の「ファーウェイ製ウエアラブル端末「TalkBand B2」を使い倒すっ!」に引き続き、今回はMediaPad T1 7.0のレビューをしていきたいと思います。

スポンサーリンク
ad

1万円で購入できるAndroidタブレット「MediaPad T1 7.0」

MediaPad T1 7.0は、Wi-Fi専用モデルの7インチAndroidタブレットです。カメラも前背面についていて、ヘッドフォン端子、充電やパソコンの同期ができるマイクロUSB端子、ストレージ容量を増やせるmicroSDスロットなどなど、タブレットを使う際に必要な機能は一通り取り揃えてます。

MediaPad T1 7.0

商品紹介動画

スペック表

MediaPad T1 7.0のスペックは以下の通りです。

サイズ 191.8 mm×107mm×8.5mm
重量 約278 g
対応OS Android™ 4.4 Kit Kat / Emotion UI 3.0
CPU SoC: Spreadtrum SC7731G, Quad-core A7 1.2G
メモリ RAM:1GB / ROM:8GB
バッテリ 4,100mAh
ディスプレイ 約 7inch( 600 x 1024ドット) IPS screen
カメラ メインカメラ:200万画素
インカメラ:200万画素
通信機能 Bluetooth通信 / V4.0(V3.0互換)
Wi-Fi:IEEE802.11 b/g/n 2.4GHz 準拠
センサー 加速度センサー
マルチメディア 動画再生フォーマット: 3GP/3G2/MP4//WEBM/FLV//TS/MKV/AVIなど
音楽再生フォーマット:MP3/FLAC/OGG/MIDI/3GP/WAV/AAC/AMRなど
画像再生フォーマット: JPEG/GIF/BMP/PNG/WEBPなど
外部インターフェース microSDHCカード(32GBまで対応)、マイクロUSB
音声入出力 イヤホンジャック
SIMカードスロット
プリインストールアプリケーション GMS:アンドロイドOTS認証済み、Google Play/Search/Mail/Talk/Maps/YouTube、他
その他:SWアップデート、アンドロイドウィジェット
その他 カラー:ブラック
本体付属品 ACアダプタ、USBケーブル、クイックスタートガイド、本体保証書、ACアダプタ保証書
オプション品

(参照元:Huawei – MediaPad T1 7.0 – タブレット – スペック

写真で見るMediaPad T1 7.0

大きさ

7インチのタブレットは持ったことがなく、しかもタブレットを使うのは初代iPad以来です。年数が経っている端末との比較になってしまいますが、iPhone6より大きく、初代iPadより小さいこのサイズは、手頃に持ち歩くのにはちょうどいい大きさでした。

サイズ比較

▲初代iPad、MediaPad T1 7.0、iPhone6(写真左)MediaPad T1 7.0とP8 lite(写真右)

容量

内蔵のストレージ容量が8GBなので、OSで使っている容量と、以前GALAXY NEXUSで使っていたアプリを移設&インストールし、残りのストレージ容量はすでに500MBを切っていました。

前々回の記事で紹介した「P8 lite」で使っている東芝製/64GBのmicroSDを試しに刺してみたら認識しなかったので、手持ちの使っていない8GBのmicroSDを初期化して差し込んで使っています。

スペックを見てみると、最大32GBまで使えるようなので、増設できたらまたレポートしてみたいと思います。

microSDを挿入

MediaPad T1 7.0の使用感をチェック!

気に入ったトコロ

  1. ビュアー端末としてのサイズと軽さ
  2. メモ&エディタとしての使い勝手
  3. 1万円を切る価格帯

ビュアー端末としてのサイズと軽さ

はじめにMediaPad T1 7.0を見た時「ビュアー端末として使ってみたい!」と思いました。

時間がある時にHuluをよく見るんですけど、今まではiPhone6で見ていて、できればもう少し大きな画面で見たかったんです。

MacBook Proで見られなくもないですけど、外出先で見るには、持ち歩くにしても、本体を広げてみるにしても、大きくて重く、気軽に見られないんですよねぇ。

Hulu視聴画面

(参照元:「ジェイミー・オリヴァーの簡単節約レシピ」が見放題

気軽に見るにはMediaPad T1 7.0は手頃の大きさで、300グラムを切る軽さなら、カバンに入れて持ち運ぶのも苦ではありません(*´∀*)

視聴風景

もうひとつは書籍や漫画などの電子書籍ビュアー機になるということです。Kindleストアで購入した本を、iPhone6で見るのには画面が小さく、長時間見るのはちょっと厳しいです(汗)

Kindle paperwhiteを購入しようと思いましたが、Kindleの電子書籍リーダーをMediaPad T1 7.0にインストールすれば、十分見ることができますので、しばらくMediaPad T1 7.0で楽しんでみたいと思います(*´∀*)

Kindleアプリで見た画像

(参照元:Amazon.co.jp: Kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話 電子書籍: きんどう zon, 鈴木小波: Kindleストア)(写真左)

(参照元:Amazon.co.jp: おうちでごはん (1) (バンブーコミックス MOMOセレクション) eBook: スズキユカ: Kindleストア)(写真右)

Kindle電子書籍リーダー:人気小説や無料漫画、雑誌も多数

制作:

価格: undefined
平均評価: 4.1(合計 462,046 件)

posted by: AndroidHTML v2.3

メモ&エディタとしての使い勝手

次に気に入ってる箇所は、MediaPad T1 7.0にBluetoothキーボードを接続し、メールの返信、ブログの下書き、タスク管理などのメモ&エディタとしての使い勝手がいいということです。

iPhoneでもできなくはありませんが、やはり広い画面で文字入力ができるのは快適です。ジャストシステム直営ECサイト Just Myshopが提供しているATOKパスポートを契約しているので、辞書登録した文字なども、MacとiPhone、Androidで共有できますから、MediaPad T1 7.0で細かい設定をしなくても、すぐに使える所が嬉しいですね(*´∀*)

Gmail

▲メールの返信もさくさくっと

Evernoteの画面

▲Evernoteでアイデア出しやブログの下書きなどなど

Todoist画面

▲Todoistでタスク管理とか

1万円を切る価格帯

私はゲームを基本的にしません。このMediaPad T1 7.0に関しては、プレイヤーとテキストなどのインプット機器、ネットでの調べ物などの閲覧専用端末に用途を絞るつもりなので、CPUやスペックに無理のかかるような使い方をしないとなると、この価格で処理延滞もなく使用できるのであれば、購入する対象になりますね。

Chrome画面

▲GoogleChromeを使えば、タブで複数の画面も管理できますし、他の端末で閲覧した履歴もさかのぼれるので、捜し物などに重宝します(*´∀*)

気になるトコロ

  1. 解像度の低さ
  2. カメラの性能
  3. 内蔵ストレージの容量

解像度の低さ

使う用途を絞り込んで使うんですが、だからこそ「ここだけはどうにかして欲しい!」って要望が出てきちゃったりします…人間の性ですかね?(笑)

一番改善して欲しい機能として、もうすこし解像度を上げて欲しかったですね。iPhone6でRetinaディスプレイを見慣れていることもあり、MediaPad T1 7.0上で画面に表示される小さな文字や、写真のディティールが潰れてしまって見づらいことがありました。

カメラ機能を削除してでも、個人的にはもうすこし解像度を上げて欲しかったですねー。

カメラの性能

カメラですが、背面、前面共に200万画素のカメラが搭載されています。オートフォーカスが効いているのかもちょっと分からない状態で、P8 lite、iPhone6、MediaPad T1 7.0と撮影した画像を比べてみて「このクオリティはないな…」と。

初心者向けの初めてのタブレットという位置付けなので、カメラはあったほうがいいんだろうな…と思いましたが、この画質だったら、カメラをナシにしてもう少し価格を下げるか、他の機能を充実させた方がよかったのではないかなぁ?という感じです。

撮影比較

▲P8 lite(写真左)iPhone6(写真中央)MediaPad T1 7.0(写真右)

内蔵ストレージの容量

MediaPad T1 7.0を、どういった目的で使うのかにもよりますが、内蔵ストレージが8GBだと、写真を多く撮る人にはすぐに空き容量がいっぱいになるかと。

microSDのスロットがあるので、もちろんストレージ容量の追加はできますが、もう少し容量を増やすか、カメラ機能を思い切って削除して、ビュアー端末としていいっすよ!ってことを前面に押し出した方が「これはどういった商品なのか」という明確さが出たんじゃないかなー?と、個人的には感じました。

あんじゅの思うトコロ

商品のモニターをすると決まった時から、ビュアー端末&テキスト入力機として使おうと思ったので、その目的は十二分にそろっていて重宝しています(*´∀`*)

購入するタブレットに対して、何を求めているのか?

中古のタブレット(Nexus 7など)と比較しちゃうと、3,000円程度出せば、MediaPad T1 7.0よりもスペック的に高いタブレットが存在し、競合商品になっちゃうのではないかと。

なので、どうしても新品のタブレットが欲しいという方や、カラーで見られるビュアー端末がお手頃価格で欲しいということなら、MediaPad T1 7.0を選択肢のひとつとして候補に挙げてもいいかなぁ、うん。

タブレット本体のデザインや、どんな目的で使うかによりますが、私が2週間使ってみた素直な感想を書いてみましたっ(≧∇≦)

MediaPad T1 7.0の購入はこちらから



ファーウェイ公式オンラインショップからの購入はこちらから

ファーウェイ製品のタッチアンドトライイベントのモニター記事バックナンバー

The following two tabs change content below.
杏珠(あんじゅ)
1972年生まれ。東京都八王子出身・中野区在住。デジタル機器やデジタルサービスを駆使して、いつでもどこでも人生を謳歌する「デジタル寅さん」として活動中。デジタルの楽しさを知ってもらうためのデジタルサポートを行っています。 その他にはグラフィックデザイナー、料理や食を通じてコミュニケーションを楽しむ研究をしている「食と心の研究家」としても活動。料理コミュニティ「キッチン男子部」の顧問も。