シェアする

『自分の価値』って、何だろう?

タイトル

私はデジタルグッズ(ガジェット)や、ネットサービスを使い、仕事もプライベートも面白おかしく謳歌する「デジタル寅さん」という肩書きを持ってます。

デジタル関係のことで、わからないことを聞かれることもしばしばあるんですけど、そんなときに発見した『なぜ世の中には、説明書を読まない人がいるのか?』という記事。

えらく納得する部分と、自分が感じることをちょっと書いてみたいと思います。

スポンサーリンク
200217_ad

説明書をなぜ読まないのか?

紹介した記事にも書いてますが、説明書をよーく読んだり、FAQのページや商品のサイトを見れば、確認できることが結構多かったりします(笑)

でも、なんで読まないのか?答えは色々ありますが、ひとつは『めんどくさいから』じゃないかと(笑)

どんなにすばらしい説明書があっても、子供でも分かるほどよくできたやUI(ユーザーインターフェース)でも、わかんないものはわかんないし、わかんないから、めんどくさくなっちゃうんじゃないかと(笑)

なにかがわかんないってことは、別に恥ずかしくないし、デジタルに関わらず、あらゆる物事において、どんなに簡単なことでも、わからない人はたくさんいます。

その気持ちを受け止めて、その人の話を聞くだけで「じゃあどうしたらいいの?』って気持ちに切り替わったら、一緒にどうしようか考えることにしてます(๑′ᴗ‵๑)

質問された側のことを考えてみる

何かわからないことがあって質問されたとき、答える側の人間として、どう捉えるかで話は変わってきます。

私の場合、デジタルサービスやデジタル機器を使うことで、自分が本当にやってみたいことや、注力したいことに集中することができた経験を軸に、サポートをしたいくて、デジタル寅さんの活動をしています。

私がその人の応援をしたいと思えば、わかるまでお付き合いします。わかろうと歩み寄ってくれるなら…ですが(笑)

一方的にそっちがやるのが当然、というスタンスでこられるなら、申し訳ありませんがお断りしちゃいます。

思い通りにならない時こそ、自分を見直す機会かも

仕事やプライベートで、何かに行き詰まったことがあって悩んでるときに、立ち止まって考えることがあります。

思い通りにしようとするから、それができなくて苦しむのかもしれない、と。

それは、自分に関わるすべての人と、自分自身にも当てはまります。

思い通りにしようとすることを捨てること、諦めること。

そうすることで、その時その時に、自分が何を求めているのか?本当にそれが必要なら、自分が思いつかないような様々な形で、目の前に現れてきます(笑)

説明書を読まない理由ってなんでしょうね?なんでわからなかったり、うまくいかないときに、わからない対象に対して怒ったり、イライラしてるんでしょうね?

そこを見つめてみると、面白い発見があるかもですね(≧∇≦)

あんじゅの思うトコロ

思い通りにいかなくて怒ったり、イライラしたりする人の理由のひとつに、自分が馬鹿にされてたり、無能だって思われてるからと感じる人もいます。

無能って、価値がないって置き換えられるかもしれません。

人の価値って、資格やスキル、知識、経験、実績、お金を持っている…それがあるから、自分には価値があるって物差しでみたら、それらをかき集めたりするのに必死になりますよね。

自分に価値があるかどうかなんて、誰にもわからないけど、特定の何かを持ってるから価値があるってことを捨ててみたり、あきらめてみると、楽になるかもしれません(≧∇≦)

なんか、そんなことが言いたくなって、つらつらと書いてしまいました、まる。

Posted from SLPRO X for iPhone.

The following two tabs change content below.
杏珠(あんじゅ)
1972年生まれ。東京都八王子出身・中野区在住。デジタル機器やデジタルサービスを駆使して、いつでもどこでも人生を謳歌する「デジタル寅さん」として活動中。デジタルの楽しさを知ってもらうためのデジタルサポートを行っています。 その他にはグラフィックデザイナー、料理や食を通じてコミュニケーションを楽しむ研究をしている「食と心の研究家」としても活動。料理コミュニティ「キッチン男子部」の顧問も。
スポンサーリンク
200217_ad
200217_ad

シェアする

フォローする