シェアする

パソコンのブラウザ上で複数のTwitterアカウントをログアウトしないで切り換える方法

ブラウザ上でTwitterの複数アカウントを管理

パソコンのブラウザからTwitterを利用していて、アカウントを複数持ってる場合はどうやって管理してますか?

私は普段「Tweetbot」というTwitter専用アプリを使って管理しています。

ですが、キャンペーンサイトやWebサービスからのTwitter認証をしたいときや、ブラウザで見ている記事をシェアしたい時、ログインしている以外のアカウントを使いたい場合があります。

今までは複数のアカウントをそれぞれ違うブラウザごとに登録していましたが…正直切り換えるのが面倒なので、ひとつのブラウザで複数アカウントを管理する方法を試してみました。

スポンサーリンク
ad

旧UIなら機能拡張を追加。新UIなら標準機能の設定で。

Twitterの複数アカウントをブラウザから管理するには、Google Chromeを使っているなら「Twitcher」というChromeの機能拡張をインストールして設定すれば管理できます。

Twitcher – Twitter Account Switcher

最初はこのTwitcherをインストールし、アカウントを追加する事ができました。

Twitcher適用後、アカウントを追加

▲アカウントを追加できました

しかし、続いて別のアカウントを追加しようとしたらできなかったんです。追加できなかったのは、Twitterの画面が新しいUIに移行されたものでした。

新UI画面

▲新UI画面。旧UIにはなかった画面左のメニュー項目が表示され、トレンド項目が右カラムに移動しています

新UIに移行したアカウントを追加しようとすると、さっきまで使っていた旧UIのアカウントからログアウトされ、追加しようとしていた新UIのアカウントにログインした状態になってしまいます。

逆に新UIに移行したアカウントでログインした状態からは、旧UIのアカウントは追加できました。

アカウント追加画面

▲旧→新の場合は新アカウントの追加は不可。新→旧の場合は追加可能

新UIを旧UIに変更すればいける?

どうやら先日までは、新UIから旧UIに変更する方法があったようですが、この方法に記載されている「従来版に切り替え」の表示がありません。

TwitterのWeb版、デザイン刷新 気に入らなければ「従来版に切り替え」も

他に設定箇所が見当たらない場合の方法も試しましたが、やはりこちらでも設定は変えられず。

▲こちらの対処法も使えませんでした

この時点で、今後新しいUIに移行されるだろうし、だったらこのまま新UIで複数アカウント管理ができる標準機能をつかっちゃうことにしました。

新UIで複数アカウントを登録する方法

1トップメニューの「もっと見る」をクリックします。

複数アカウントを追加する手順001

2アイコンの右側にある「+」をクリックします。

複数アカウントを追加する手順002

3既存のアカウントを追加をクリックします。

複数アカウントを追加する手順003

4登録したいアカウントの情報を入力しログインをクリックすれば、登録したアカウントに切り替わります。

複数アカウントを追加する手順004

アカウントを切り換えたい場合は、先ほどクリックした「+」のアイコン近くに追加されたアカウントのアイコンが表示されるので、切り換えたいアカウントのアイコンをクリックします。

複数アカウントを追加する手順005

登録されているアカウントをリスト表示にしたい場合は、タテ三点のアイコンをクリックすれば登録したアカウントの一覧が表示されるので、切り換えたいアカウントをクリックすれば切り替わります。

複数アカウントを追加する手順006
複数アカウントを追加する手順007

あんじゅの思うトコロ

Twitter専用アプリを使っているので、ブラウザでTwitterをすることはほとんどないのですが、全くないわけではないので、重い腰を上げて設定しました。

Twitterの複数アカウントを持っていて、ブラウザからTwitterを使っている方はログイン/ログアウトを毎回しなくて済みますので、便利そう!と思った方は設定してみて下さいね!

杏珠
以上、「ハイチュウっぽいチョコボール」と「チョコボールっぽいハイチュウ」の味比べがしてみたい杏珠でした。それではまた!

参考リンク

The following two tabs change content below.
杏珠(あんじゅ)
1972年生まれ。東京都八王子出身・中野区在住。デジタル機器やデジタルサービスを駆使して、いつでもどこでも人生を謳歌する「デジタル寅さん」として活動中。デジタルの楽しさを知ってもらうためのデジタルサポートを行っています。 その他にはグラフィックデザイナー、料理や食を通じてコミュニケーションを楽しむ研究をしている「食と心の研究家」としても活動。料理コミュニティ「キッチン男子部」の顧問も。