シェアする

「Apple ID保護のためパスワードのリセットが必要です」というメールが来たときの対処法

タイトル

朝起きてからメールをチェックしてみると、あんまり見たくないメールが届いていました。

Apple ID保護のためパスワードのリセットが必要です

んあー、忘れた頃にやってきますな…この手のメールは。つうても、ネットをしている限り、可能性はゼロではないし、乗っ取られた後のことを考えるとそっちのほうが面倒くさいので、セキュリティの見直しをしました。

パスワードのリセットと再設定方法をご紹介しますね。

スポンサーリンク
200217_ad

セキュリティに関するメールは慎重に対処を

今回のAppleから来たメールだけに限らず、パスワードの変更や個人情報に関するメールが届いた場合、メールの文面にあるリンクをすぐにクリックしないで、面倒でも該当するサイトに直接アクセスするようにしてください。

なぜかというと、フィッシングサイト(なりすまし)の可能性があって、変更手続きをしてみたものの、その情報が盗まれる可能性があるからです。

ということで、今回来たAppleからのメールを見てみるとこんな感じでした。

メール文面

いつもApple製品をご利用いただきありがとうございます。

ご利用のApple IDが無断で使用された可能性があります。セキュリティ保護のため、古いパスワードを無効にさせていただきました。できるだけ早く新しいパスワードをリセットしてください。

パスワードをリセットするには https://iforgot.apple.com/●●●●●●●●●●●●●●●●● にアクセスしてください。

お手数をおかけして申し訳ありませんが、パスワードを変更することで、ご利用のApple IDを第三者による無断使用から守ることができます。

アカウントをより確実に保護できるように、他のオンラインアカウントと共通のパスワードを設定することは避けてください。

お問い合わせや不明な点については、Apple IDサポートサイト http://www.apple.com/jp/support/appleid/ をご利用ください。

今後ともAppleおよびApple製品をご愛顧いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

Apple サポート

引用元:Apple ID保護のためパスワードのリセットが必要です – powerangix@gmail.com – Gmail

ざっと見た感じ、Appleから来たメールのようでしたが、念のため「アカウントのロック解除」「Apple IDの復旧」ができるページから設定することにしました。

パスワードのリセット方法

ということで、パスワードのリセットをしていきましょう!

設定方法

1Apple IDの復旧ページにアクセスし、AppleIDを入力します。

Apple ID

2「パスワードをリセット」を選択して「続ける」をクリックします。

リセット

3リセット方法を選択します。メールで受け取る、もしくはセキュリティ質問に答えるのどちらかをになりますが、今回は「メールを受け取る」を選択して「続ける」をクリックします。

リセット方法

4Appleからのメールを確認し「今すぐリセット」をクリックします。

今すぐリセット

5新しいパスワードを2回入力し「パスワードをリセット」をクリックします。ちなみにパスワードは最大32文字までになります。

新しいパスワードを入力

CHECK!パスワードは忘れないようにメモを取るか、もしくはパスワード管理アプリなどで管理することをオススメします。ちなみに私は有料アプリではありますが「1Password」というアプリで管理しています。MacとiPhoneとでデータを同期して管理/使用できますし、複雑なパスワードも作成可能です。
1Password【価格:¥7,800/2016.10.27現在】
1Password【価格:無料/2016.10.26現在】

6「ご利用の Apple ID のパスワードがリセットされました」というメールが届いたら、Apple ID管理ページにアクセスしてログインできるかを確認します。

ログイン画面

7念のために、登録情報をざっと確認しておきましょう。気になる方はメールアドレスの変更や質問の変更もしてみてください。

登録情報の確認

▲変更したい箇所があれば、各項目右側にある「編集」ボタンをクリックします

8修復用メールアドレスを変更する場合は、6桁のコードを入力するよう求められますので、メールに記載の数字を控えておきます。

修復用

9パスワードを変更したら、所有しているApple製品の、AppleIDが必要なアプリやサービスからパスワードの再入力を求められますので、すべて新しいパスワードに変更してください。

パスワード入力

2ステップ確認(二段階認証)を設定する

セキュリティ対策として、大手のWebサービスなどで導入されている「二段階認証」はAppleでも採用されています。ちなみに二段階認証とは、通常のパスワードと違う別のパスワードを組み合わせてログインする仕組みです。

自分は設定していたつもりだったのですが、どうやらしていなかったようなので、改めて設定することにしました。

設定方法

12ステップ確認欄にある「利用を始める…」をクリックします。

2ステップ確認

2第三者が2ステップ確認の設定をしないようにということで、設定まで3日ほど待つ必要があるようです。「完了」を押してウインドウを閉じます。

3日待つ

▲Appleでは二段階認証のことを「2ステップ確認」という名称にしているようです

32ステップ認証の申込みをした旨のメールが届きますので、利用できるまでしばらくお待ち下さい。

2ステップ認証確認メール

▲2ステップ確認の件は、設定が出来次第また記事にしたいと思うので、もう少々お待ち下さい

あんじゅの思うトコロ

セキュリティ対策ってキリがないっていえばないんですよね。過度に心配しすぎて使いづらくなったり、そもそもこんな心配をするなら使わない方がマシ!ってなる可能性も。

ただ、ネットに限ったことではありませんが、100%安心安全ってことはないので、最低限リスクヘッジできることはやりつつ、本来の恩恵を受けられるようにすることをオススメします。

Appleから「パスワードのリセットが必要」ってメールが来たら、参考にしてみてくださいね!

杏珠
以上、サンワサプライさんのモニター企画で3D VRゴーグル「400-MEDIVR2」が当選してホクホクの杏珠でした。それではまた!

関連リンク

The following two tabs change content below.
杏珠(あんじゅ)
1972年生まれ。東京都八王子出身・中野区在住。デジタル機器やデジタルサービスを駆使して、いつでもどこでも人生を謳歌する「デジタル寅さん」として活動中。デジタルの楽しさを知ってもらうためのデジタルサポートを行っています。 その他にはグラフィックデザイナー、料理や食を通じてコミュニケーションを楽しむ研究をしている「食と心の研究家」としても活動。料理コミュニティ「キッチン男子部」の顧問も。