シェアする

Adobe Acrobat9.4.6(10.1.1/8.3.1)のアップデートを公開

 米Adobe Systemsは9月13日、予告通りにReaderとAcrobatの定例セキュリティアップデートを公開し、複数の深刻な脆弱性に対処した。

 同社のセキュリティ情報によると、脆弱性が存在するのはReader/Acrobat X(10.1)および9.4.5、8.3までの各バージョン(Windows、Mac向け)と、Reader 9.4.2までのバージョン(UNIX向け)。脆弱性を悪用された場合、アプリケーションがクラッシュしたり、攻撃者にシステムを制御されたりする恐れがあるという。

 脆弱性を修正した更新版は、Reader/Acrobat X(10.1.1)および9.4.6、8.3.1の各バージョンがWindowsとMac向けに公開された。UNIX向けの更新版となるReader 9.4.6は、11月7日に公開を予定している。なお、WindowsとMac向けのReader 8.x とAcrobat 8.xについては11月3日でサポートが打ち切りになる。

 次回のReaderとAcrobatの定例セキュリティアップデートは12月13日に公開する予定。

Adobe Acrobat Updater

インストール時、特に問題なければアップデートをかけておいた方がいいかと思います。

The following two tabs change content below.
1972年生まれ。東京都八王子出身・中野区在住。デジタル機器やデジタルサービスを駆使して、いつでもどこでも人生を謳歌する「デジタル寅さん」として活動中。デジタルの楽しさを知ってもらうためのデジタルサポートを行っています。 その他にはグラフィックデザイナー、料理や食を通じてコミュニケーションを楽しむ研究をしている「食と心の研究家」としても活動。料理コミュニティ「キッチン男子部」の顧問も。
スポンサーリンク
200217_ad
200217_ad

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
200217_ad