シェアする

【iPhone】iPhoneで撮影した画像の位置情報を編集!Geotag Editorを試す!!

iPhoneのカメラ、使っていますか? バシバシ撮影をして、撮影した画像をTwitterやfacebook、ブログなどに公開するときに、位置情報をそのままで掲載しているかも…そんな心配をしているあなたにオススメなのがこの「Geotag Editor」です。

Geotag Editor

詳細は以下に!

スポンサーリンク
200217_ad

写真の位置情報を編集するアプリ

Geotag Editorは、iPhoneで撮影した写真の位置情報を消すだけでなく、任意の場所に変更もできるアプリです。

 

使い方

IMG_0193

↑まずはカメラロールから任意の写真を選択

IMG_0194

↑写真をクリックすると、位置情報が表示されます。右下の四角にピンが刺さっているボタンをクリックすると、位置情報の編集画面が出てきます

IMG_0195

↑ちなみにマップの起動もできます

 

位置情報を消す

IMG_0197

↑位置情報が写真に含まれていると、画面の中心にピンが表示されます

IMG_0198

↑位置情報を消すのには、右下のアイコンをクリックすれば消去できます。

IMG_0199IMG_0201

↑編集後に、写真をどうするか選択します。ちなみに写真データは上書き保存でなく、新規保存になります

 

位置情報を編集する

IMG_0213

↑撮影した場所以外に位置情報を指定したい場合は、レーダーのようなアイコンをプレスした状態でスクロールして、任意の場所で離せば完了します。

 

まとめ

Twitterなどでは、出かけた先の位置情報が入っても問題はあまりないと思いますが、気になるのは自宅で撮影した写真です。特に女性の方でiPhoneをお持ちの方で、知らずに位置情報を入れ込んだ状態で公開してしまうと、自宅の場所がばれちゃう場合もあるので…カメラをよく使う方は、チェックしてみてはいかがでしょうか?

 

Geotag Editor 2.4(¥85)

カテゴリ: 写真/ビデオ, ユーティリティ
現在の価格: ¥85(サイズ: 0.9 MB)
販売元: CUBY COM – Junichiro Komizo
リリース日: 2009/11/05

現在のバージョンの評価: (1件の評価)
全てのバージョンの評価: (48件の評価)

ss1 ss2

SPONSORED LINK

The following two tabs change content below.
杏珠(あんじゅ)
1972年生まれ。東京都八王子出身・中野区在住。デジタル機器やデジタルサービスを駆使して、いつでもどこでも人生を謳歌する「デジタル寅さん」として活動中。デジタルの楽しさを知ってもらうためのデジタルサポートを行っています。 その他にはグラフィックデザイナー、料理や食を通じてコミュニケーションを楽しむ研究をしている「食と心の研究家」としても活動。料理コミュニティ「キッチン男子部」の顧問も。
スポンサーリンク
200217_ad
200217_ad

シェアする

フォローする