シェアする

【レビュー】OSXに対応したHD対応高画質Webカメラ、ロジクール「C910」を購入してみました 〜驚きの高画質にうっとり〜

Ustreamの放送の画質向上を考えていて色々調べていた所、気になっていたWebカメラ「C910」がOSXに対応したということで、さっそく購入してみました。 C910キター!

詳細は以下に

スポンサーリンク
200217_ad

写真での商品レビュー

パッケージ&同梱物

CIMG5614.JPGCIMG5615.JPG

↑パッケージはこんな感じ。中身はカメラ、説明書、CD-ROMです。

本体

CIMG5619.JPG

CIMG5616.JPGCIMG5618.JPG

CIMG5617.JPGCIMG5621.JPG

CIMG5620.JPG

↑カメラ本体は挟み込んで固定する感じになります

ソフトウェア

Logicool Webcam Software のインストール

↑公式サイトよりLogicool Webcam SoftwareをDLしてインストールします

Logicool Vid™ HDLogicool Vid™ HD

Logicool Vid™ HD Logicool Vid™ HD - ようこそ powerangix さん

↑Logicool Vid™ HDという専用のアプリをインストールします。Skypeのようなアプリですね

Logicool® ウェブカメラ ソフトウェア

↑Logicool Webcam Softwareの操作画面です。ビデオ、カメラともにどちらからでも撮影可能です。

skitchCogupn

↑こちらが写真撮影画面です。解像度、ワイド画面などの切り替えができます。ビデオとカメラのモードも左下のスイッチで切り替え可能です

skitchJ9NxdP

↑高画質で撮影した場合、このようなダイアログがでます

Logicool Webcam SoftwareScreenSnapz004

↑撮影後はfacebook、YouTube、Twitterにデータの公開が可能です。

 

よかった点

画質がとにかく良い!

とにかく画質が良い!ことですね。所有しているWebカメラ(BSW32KM01H)と比べても画質の差がはっきり出ていました。まだ外でのイベントに使っていないのですが、屋外や暗い部屋での画質がどのぐらい向上するかが楽しみです。そしてワイド画面(16:9)に対応しているので、いままでのカメラは4:3の画面構成だったので、字幕やPinPなどを入れる構成などもやりやすくなりました。

 

オートフォーカスが効く

撮影者ご自身がカメラに向かっての放送を考えている方で、実際に商品をカメラの前に出したりするようなことがあるのなら、オートフォーカス機能はとても便利だと思います。

使ってみての注意点

重量が他のWebカメラより若干重い

気になった点は、他のWebカメラと比べて「重量感がある」ということでした。机の上などにカメラを置く場合は安定していいと思いますが、新MacBook Airの11インチのスクリーン上部に設置したところ、重さに耐えきれずに倒れてしまいました(笑)なので、カメラの重さを気にする方は、店頭にて重量などを確認した方がよろしいかと思います。

テーブルなど、平面の所に固定出来ない場合には、ゴリラポッドのような三脚を使うときにも、重みで落ちないかを確認しておくことをオススメします。



MacBook Airの設置についてTwitterでつぶやいていたら、ステキング福島さん(@hiroaki810603)さんがこんなお返事をいただきました。

skitch0JG2i0

MacBook Air11インチの軽さが際立った瞬間でもありました(笑)

ハードはHD対応カメラですが、アプリ側で対応しているか確認が必要

フルHD 1080pでの高画質を撮影できる本機ですが、ロジテック側で配布されているアプリ以外で高画質出力をすることが基本的にできません。

私はUstreamでの放送がメインになると思うので、HD画質での撮影はする予定はないので特に問題にはなりませんが、もし高画質撮影を考えている方は、使用するアプリがC910の高画質出力に対応しているのかどうか確認してから購入してみて下さい。

 

まとめ

Webカメラでこれだけきれいに撮影できれば、価格としても十分お買い得なカメラだと思います。(2011年2月12日時点で、Amazonにて¥6,965でした)今まで使っていたWebカメラをアップグレードしたい方、これからUstreamなどを撮影したい方にぜひ、オススメしたいカメラです。2/20に行われる東京ライフハック研究会のUstream放送では、このカメラを使っての放送をしたいと思いますので、その時の使用感もレポートしたいと思います。

 



製品紹介:製品名

■スペック(公式サイトより抜粋)

製品名(日本語) ロジクール HD プロ ウェブカム C910
製品名(英語) Logicool® HD Pro Webcam C910
型番 C910
価格 オープンプライス
ロジクールオンラインストア価格 9,980円(税込)
ビデオ本体サイズ(幅×奥行×高さ) mm 95×77×34
ケーブル長 cm 150
スタンドタイプ ユニバーサルクリップ
本体重量 g 138
ブラック
フォーカス 7cm – ∞ (オートフォーカス)
レンズ画角 78°
画像センサー 500万画素
ビデオキャプチャー Full HD 1080p (1920 x 1080)
ワイドスクリーンモード 対応
静止画キャプチャー 最大1000万画素(ソフトウェア処理による)
フレームレート 最大30 フレーム/秒
内蔵マイク ステレオ
デジタルズーム機能 x 4
UVC対応 対応
Logicool Vid HD 対応
YouTube アップロード機能 対応
付属ソフトウェア Logicool Webcam Software v2 Logicool Vid™ HD
接続I/F USB 2.0

(商品の詳細、付属品など、仕様屋や内容が変わっている場合があります。購入の際にはご自身で購入店や公式サイトにてご確認をお願いいたします。)


HD Pro Webcam C910

C910商品ページです




HD Pro Webcam C910

ロジクールWebCamソフトウェア専用アプリ、取扱説明書はここからダウンロードしてください


The following two tabs change content below.
杏珠(あんじゅ)
1972年生まれ。東京都八王子出身・中野区在住。デジタル機器やデジタルサービスを駆使して、いつでもどこでも人生を謳歌する「デジタル寅さん」として活動中。デジタルの楽しさを知ってもらうためのデジタルサポートを行っています。 その他にはグラフィックデザイナー、料理や食を通じてコミュニケーションを楽しむ研究をしている「食と心の研究家」としても活動。料理コミュニティ「キッチン男子部」の顧問も。
スポンサーリンク
200217_ad
200217_ad

シェアする

フォローする