シェアする

想像力、活用していますか?

さっき、自分の心の棚卸しをしていました。仕事の合間で、ちょっとした時間でも、ココロの棚卸しはできるものです。

20年ほど前、私は電機販売店で仕事をしていて、そのときはリアル棚卸しを経験しました。

在庫の確認をはじめ、お客さんからの返品商品の処理、廃棄処理など色々ありましたが、今思い出すと、商品それぞれに歴史があって、その商品ひとつひとつに、いろいろな方の思いやエネルギーが宿っているんだなってしみじみ感じます。

スポンサーリンク
200217_ad

経験したことは宝物

商品の中には、こちらが間違えて渡してしまった物や、特に不具合が見受けられなかったけど、お客さんにとっては不良と思われた症状が出た物…色々ありました。

物理的に不良と思われる症状が出なければ、基本的に返品を受け付けないのですが、どうしてもって時は受け付けていたこともありました。

そういったやりとりの中で、今考えると、自分が販売担当をしていなかった時のお客さんと、そうでないときのお客さんとで、心配りが足りなかった、自分の売ったお客さんじゃないから、適当にあしらっとけばいいって接客していたときもありました。

今ではそんなことはもちろんしませんが、良いも悪いも、経験は自分の人生の糧になります。良い悪いと二元論で結果を出さずに「あれはあれでよかった」と、見つめられるようになったことは、本当に嬉しいことです。

想像力は無限の可能性

ご存じの方もいるかと思いますが、想像力って鍛えられるんですよ。元々持っていた物だけじゃなくて。

想像できない物は現実になり得ない。想像できないことも、もちろん現実になることもありますが…せっかく人として生まれて「想像力」を使えるワケですから、自分がなりたいこと、やりたいことに想像力をたくさん使ってみて下さい(^^)

不安や恐怖を感じても、押さえ込まずに…それすらも包み込める自分を「想像」するだけで、自分がどんどん好きになりますよ★

あんじゅの思うトコロ

想像力を使えば、過去は書き換えられるですよね。事実を書き換えるんじゃなく、過去にあったことの意味を書き換える。それを書き換えられないと決めるのは本人です。本人が書き換えないことで幸せと思うなら、それはそれでいいんです。私はそう思っています。

でも、自分が変わりたい!と思って、夢や希望を持ったときに、いずれ、その過去を書き換える必要が出てくるかもしれません。でも、自分がワクワクすること、楽しいことを想像しただけで、もしくはそれに取り組んだだけで、過去を書き換えなくてもよくなったり、勝手に書き換わったりすることもあります。

想像力って、それだけパワフルなものなんです(^^)

そして最後におまじない…「あれはあれでよかった」を浸透させれば、どんな自分が出てきても、ちゃんと自分の事を包み込めるようになりますので★

もし、興味のある人は、今晩から試して見て下さい♪続ければ、きっとすごいことが起こりますよ!

杏珠
以上、妄想もぜひ活用して下さい!って思う杏珠でした。それではまた!
The following two tabs change content below.
杏珠(あんじゅ)
1972年生まれ。東京都八王子出身・中野区在住。デジタル機器やデジタルサービスを駆使して、いつでもどこでも人生を謳歌する「デジタル寅さん」として活動中。デジタルの楽しさを知ってもらうためのデジタルサポートを行っています。 その他にはグラフィックデザイナー、料理や食を通じてコミュニケーションを楽しむ研究をしている「食と心の研究家」としても活動。料理コミュニティ「キッチン男子部」の顧問も。
スポンサーリンク
200217_ad
200217_ad

シェアする

フォローする