シェアする

マイノリティレポートのノリで触ってみたい!お手持ちのPCをタッチスクリーン化するデバイスに興味津々!

タイトル

(参照元:AirBar – Get touch functionality on any PC

先日、仕事でWindows10搭載ノートパソコンのカスタマイズをしているときにやってしまったんです。

パソコン画面の操作をしようと思わずタッチ。

「あ…」って、思わず手を引っ込めちゃいました(笑)パソコンの画面がタッチスクリーンにならんもんかね?と思ってしまいました。

でも近い将来、お手持ちのパソコンが、タブレットのようにタッチ操作ができるみたいですよ?

スポンサーリンク
200217_ad

手持ちのパソコンをタッチスクリーンに変える「AirBar」

「AirBar」は、画面下にセンサー付きのバーをセットし、本体にUSB接続することで、なんとパソコンの画面上でタッチスクリーンに変えてしまうという商品。

AirBarを取り付けている所

(参照元:The AirBar™ sensor – Get touch on your new or existing PC – YouTube

たとえば料理をしているときなど、キーボードを触れない時などに重宝しますね。自宅にある古いパソコンを、タブレットPCとして再利用するという方法もあります。

料理中の作業

(参照元:The AirBar™ sensor – Get touch on your new or existing PC – YouTube

公式サイトでプレオーダーが始まっているようで、11.6インチから〜15.6インチの4種類、それぞれ49ドルで発売されるとのこと。Windows用のデバイスですが、非サポートでMacBookでも使えるかも?って表記も気になります。

購入画面

AirBar – Get touch functionality on any PC

あんじゅの思うトコロ

iOSとOSXの統合はまだ先になりそうなので、MacBook Proで正式に使えるようなら、ぜひ使ってみたいです!

タブレットPCを購入しようとお考えの方は、この「AirBar」とノートパソコンを使うという選択肢も候補に入れてみるといいかもしれません。

杏珠
以上、炭酸水を結構飲んでいて炭酸水サーバが気になっている杏珠でした。それではまた!
The following two tabs change content below.
1972年生まれ。東京都八王子出身・中野区在住。デジタル機器やデジタルサービスを駆使して、いつでもどこでも人生を謳歌する「デジタル寅さん」として活動中。デジタルの楽しさを知ってもらうためのデジタルサポートを行っています。 その他にはグラフィックデザイナー、料理や食を通じてコミュニケーションを楽しむ研究をしている「食と心の研究家」としても活動。料理コミュニティ「キッチン男子部」の顧問も。
スポンサーリンク
200217_ad
200217_ad

シェアする

フォローする