シェアする

【働き方】多拠点を持つという生き方・その3 〜住む場所を自分の居場所にする〜

多拠点を持つという生き方タイトル

前回の【働き方】多拠点を持つという生き方・その2 〜最小限のパッケージで行動し、そのときに考える〜に引き続き、連載第3回目になります。

今回は環境の主軸となる「住む場所」についてお話します。今住んでいる場所って、ほとんどの方が自分で契約した持ち家か借家、もしくは実家暮らしですよね?

私は一時期、自分が契約した家ではなくて、居候というカタチで半年ほどお世話になった期間があります。そのときの話を織り交ぜながらお話したいと思います。

スポンサーリンク
200217_ad

自分の家の鍵を持たないという心情

現在、私は中野に住んでいますが、その前はワケあって武蔵境にある知り合いの家に半年ほど居候をしていました。

生まれて初めて、実家や自分が契約した家以外の住まいで暮らし…はじめから望んでいたわけではなかったんですけど、流れ的にそうなっちゃいました(笑)

場所を提供してくれた家主さんには、本当に感謝しています。その方とは今でも繋がっていて、ホント、ありがたいことです。

ただ、居候をはじめた当時はホント「ああ、自分の居場所がなくなったんだな…」って、しばらくはぐったりして、落ち着かない感じでした。

カギを持たない生活に憧れていた

とはいえ、人って順応する生き物なんですよね(笑)気はもちろんつかいますし、その家のルールを守って住まわせていただくんですけど、慣れてきたら、それはそれで居心地がとてもよかったんです。

居心地がよかった理由は、家主さんとの関係ももちろんありますが、実は私自身、その生活を望んでいたんです。その望んでいた生活というのは…「家のカギを持たない」という生活です。

物理的に、そこに住んでいる家の鍵は持っているんですけど、自分の所有物という意味での家の鍵を持たないってことです。

ある経営者の話がきっかけに

なんで自分がそういう生活を望んでいたかというと、ある経営者のお話がきっかけだったんです。

その方は「自分の家の鍵を持たない」という生活をする、と決めて、自分が仕事でもプライベートでも関係なく、行きたいところにいって、その場所でしばらく住んで、また行きたいところに行ってそこに住む…という生活をずっとしてきたとか。

税金とか郵便物とかの関係で住民登録をするのに、自分の家はもちろん契約しているそうですが、そのカギは普段持ち歩かないそうです。

なんでそういった生活をしたいと思ったんですか?と聞いた所「え?行きたいところに行って、そこに住んでみたいって思ったんだ」ですって(笑)

ほー!登山家が山に登る理由として「そこに山があるから」っていうのと近いんですかね?

もう少し掘り下げて聞いてみたら、モノも環境も持たないことで、やりたいことができたときに、何も考えずにすぐ動けるのが大きな理由だとか。

その話を聞いて、ものすごく自由だし、自分も一度やってみたいなぁ…と思ってました。

お話を聞いた経営者の方との条件が同じワケではありませんが「自分の家を持つこと」というのが当たり前っていう概念が取っ払われた瞬間でもありました。

住む場所を自分の居場所にする

自分の住む家は、自分にとってどんな意味を持っているのか?どういう役割なのか?

この問いを自分に投げかけることって、普通に生きていく中では、そんなに投げかけることはないと思います(笑)

でも、自分はそれを半ば強制的に考えることになって、自分なりの答えを出しました。それは「住む場所を自分の居場所にする」ということです。

自分の家があってそこに住む、のではなくて、場所を特定しないで、自分が住む場所を自分の居場所にするって意識で住んでみると、色々見えてきます(笑)

  • 家でできることが当たり前ってことが、いつでも感謝の気持ちにかわります
  • 家でできることを、家以外の所でもできないか?と、考えるようになります
  • いつでも断捨離できる覚悟でモノを買うことができます(笑)
  • 「最低限これがないと」という環境レベルが圧倒的に下がります

今までの経験から、こういった「住む場所を自分の居場所にする」という考え方で生きていけば「多拠点を持って生きる」ということも、スムーズにシフトできるんじゃないかな?と思います。

あんじゅの思うトコロ

正直、今回のテーマはあくまでも自分の考え方なので、全員にオススメできることではありません(笑)

ただ、自分の生き方を変えたいって思う人は、当たり前だって思っていることに疑問を持ち、その疑問に対して自分なりの答えを出して、行動してみればいいんじゃないかな?って思います。

特に衣食住…そして仕事に関わる事に取り組んでみると、効果テキメンかと思うので、興味があったら取り組んでみて下さいね(≧∇≦)

杏珠
以上、巨人ファンの杏珠でした。それではまた!

「多拠点を持つという生き方」バックナンバー

The following two tabs change content below.
杏珠(あんじゅ)
1972年生まれ。東京都八王子出身・中野区在住。デジタル機器やデジタルサービスを駆使して、いつでもどこでも人生を謳歌する「デジタル寅さん」として活動中。デジタルの楽しさを知ってもらうためのデジタルサポートを行っています。 その他にはグラフィックデザイナー、料理や食を通じてコミュニケーションを楽しむ研究をしている「食と心の研究家」としても活動。料理コミュニティ「キッチン男子部」の顧問も。
スポンサーリンク
200217_ad
200217_ad

シェアする

フォローする