シェアする

湯切りタイプの新しいスタイル「カップヌードル・パスタスタイル ボンゴレ味」を食す!

日清「カップヌードル・パスタスタイル」ボンゴレ味実食タイトル

インスタント麺で湯切りといえば、焼きそばを思い浮かべますが、最近気になってる湯切り系のインスタント麺がありました。

日清が出した新しいカップヌードルの新シリーズ「カップヌードル・パスタスタイル ボンゴレ味」

パスタじゃないパスタらしいこの商品、早速試食してみました。

スポンサーリンク
200217_ad

パスタじゃないパスタ

日清がパスタの発祥地と言われてる・イタリアグラニャーノで、今回試食した「カップヌードル・パスタスタイル」でアンケートを取ってみたそうてす。

そうですか、パスタとは認められませんでしたか(笑)

といいつつも、どんな味なのかは気になるところなので、たべてみることにしました(*´∀`*)

いざ、開封!

日清「カップヌードル・パスタスタイル」ボンゴレ味外観

中身は麺、オイル、粉末ソースの3種類で、カップ焼きそばと同じ湯切りタイプでした。

日清「カップヌードル・パスタスタイル」ボンゴレ味内容物

お湯を入れて5分待ち、湯切りをしてからオイルと粉末ソースをいれて混ぜて完成!

試食!

いつも思うんですが、焼きそばを容器から出したら、どれぐらいの食べる量になるかがあまりピンとこなかったので、今回の「カップヌードル・パスタスタイル」では、小皿に出してみることにしました。

日清「カップヌードル・パスタスタイル」ボンゴレ味を小皿に盛り付ける

小皿に盛ってみると、まあ、あれです。そこそこ量がある感じです(笑)

では、実食!うん…確かに、食感はパスタではありません。ボンゴレ味のカップ焼きそばですね(笑)

まあ、でも、確かにボンゴレ風な味なので、たべられなくはないですね。

ただなぁ…前回試食した「ランチパックどうした?マヨラーに捧げる「マヨ&マヨネーズ」味が降臨っ!」と同じく…

次回はないな(笑)

あんじゅの思うトコロ

先日、ペヤングやきそばが復活してたので、こちらも試食したんですが、こちらは、またしばらくしたら食べるかも?って思いました。

ペヤングカップ焼きそば

なんでしょうね、今回の「カップヌードル・パスタスタイル」ですが、洋風焼きそばってことだったら、もしかしたらまた食べてみるって思うのかもしれませんが、食感がパスタじゃないのなら、普通にパスタを茹でて食べようって思ってしまうんですよねぇ。

ペヤングは、ちぢれといい、麺の食感といい、普通の焼きそばに近いから、まだ許せるって思うのかもしれません。

とはいえ、ここまでチャレンジした日清フードさんには、拍手を送りたいと思いますっ!

関連サイト

この記事はiPhone用モブログアプリSLPRO Xにて作成しました。

The following two tabs change content below.
1972年生まれ。東京都八王子出身・中野区在住。デジタル機器やデジタルサービスを駆使して、いつでもどこでも人生を謳歌する「デジタル寅さん」として活動中。デジタルの楽しさを知ってもらうためのデジタルサポートを行っています。 その他にはグラフィックデザイナー、料理や食を通じてコミュニケーションを楽しむ研究をしている「食と心の研究家」としても活動。料理コミュニティ「キッチン男子部」の顧問も。