シェアする

【iPhone】キーボードが表示されなくなったら「iMemoryGraph」を使うのか吉!

タイトル

iPhoneを触っていて、キーボードが表示されなくなったことってありませんか?

表示されなくなった時に使っているアプリではなく、別のアプリを立ち上げたり、キーボードを削除&追加してみたりなどしてましたが、一発で表示させる方法がありました。

それは、メモリ解放アプリ「iMemoryGraph」を使うことです。

iMemoryGraph
カテゴリ: ユーティリティ, ビジネス

スポンサーリンク
200217_ad

iMemoryGraphとは?

iMemoryGraphは、使用しているメモリ残量が少なくなったとき、有料のアドオン(120円)を購入しておけば、ボタンひとつでメモリ解放をしてくれるアプリです。

使い方

アプリをダウンロードしてから、設定→広告削除を選択して、アドオンを購入すれば、メモリ解放ボタンが追加されます。

iMemoryGraph導入方法

解放したいときにボタンを押せば、メモリが解放されます(๑′ᴗ‵๑)

iMemoryGraph実行

ウイジェットにも対応

iMemoryGraphは、ウイジェットにも対応してます。

画面上から下にスワイプさせて、ウイジェット画面を表示させ、下までスクロールし「編集」をタップします。

iMemoryGraphをウイジェットに登録

ウイジェットに表示するための管理画面で下にスクロールするして、iMemoryGraphを探し、左の「+」ボタンをタップします。

iMemoryGraphをウイジェットに登録2

上にスクロールしてiMemoryGraphを探し、右にある3本線あたりをプレス(押しっぱなし)にして、使いやすい場所に移動させます。

iMemoryGraphをウイジェットから実行

これでメモリ解放したいときに、ウイジェット画面を呼び出して、さっと解放できますよ!

あんじゅの思うトコロ

初代iPadを現役で使っているんですが、動作が不安定な時に、このiMemoryGraphを使っていました。

モブログを書き始めてから、特にキーボードが表示されなくなる事が多くなったような気がしてまして…あれ?もしかして同時に色々アプリを立ち上げて使ってるから、キーボードも表示されにくくなってるのかな?と思って、iMemoryGraphでメモリ解放してみたんです。

そしたら…ビンゴでした(笑)メモリ解放をしたら、私のiPhoneでは、ほぼ100%キーボードが復活します。

使っているiPhoneの環境にもよると思いますが、もしキーボードが表示されなくなるということが頻繁にあるなら、ためしてみてはいかがでしょうか?

iMemoryGraph
カテゴリ: ユーティリティ, ビジネス

他社製のキーボードを減らすのも効果あり

私は現在、以下の他社製キーボードを使っています。

モブログを快適にするために使ってますが…もし、必要がなければ、他社製キーボードを減らしても効果があるかもしれません。

関連記事

  1. iOS8のSporlightでキーボードが表示されない問題の解決策 | 経験知
  2. iPhoneのキーボードが起動しない、表示されない時の対処方法|携帯総合研究所

この記事はiPhone用モブログアプリSLPRO Xにて作成しました。

The following two tabs change content below.
杏珠(あんじゅ)
1972年生まれ。東京都八王子出身・中野区在住。デジタル機器やデジタルサービスを駆使して、いつでもどこでも人生を謳歌する「デジタル寅さん」として活動中。デジタルの楽しさを知ってもらうためのデジタルサポートを行っています。 その他にはグラフィックデザイナー、料理や食を通じてコミュニケーションを楽しむ研究をしている「食と心の研究家」としても活動。料理コミュニティ「キッチン男子部」の顧問も。