シェアする

コントのような出来事2連発【デジタル寅さん/ある日の仕事場の風景】

タイトル

▲写真はイメージです

私はどこで仕事をするのかは、その日に決めます。

事務所の時もあれば、カフェだったり、シェアオフィスだったり、会社のロビーだったり、大学の学食室だったりと。仕事場が変わるから、普段体験できないことができるのも魅力なんです。

そんな、いつも違う仕事場で体験したことを綴る「ある日の仕事場の風景」というコラムを不定期で書いています。

今回はとあるカフェでの話です。まるでコントのようなことが2つあったのでご紹介しますね。

スポンサーリンク
ad

予想外のことが起こると、人は面白い行動を取ってしまう

手を伸ばして「ビクッ!」っとなる瞬間

窓際の席で仕事をしていて、窓の外をふと見ていると、お店の前に一人の男性が自転車を停めました。そのまま店内に入ろうとしたときのことです。カバンか服が引っかかって、自転車が倒れそうになりました。

男性はすかさず自転車の方を振り向いて、自転車が倒れないように手を伸ばしたんですが、自転車は倒れずに済みました。

倒れてないのを確認してから、もう一度店内に入ろうとしたら、今度は横殴りの強い風が吹いてきて、自転車が将棋倒しになりそうに。

先ほどと同じように自転車の方に振り向いて、自転車が倒れないように手を伸ばしたんですが、やはり自転車は倒れずに済みました。

その2回で疑心暗鬼になったのか、自転車のサドルに手を当てて、しばらくその場で立ち止まっていました(笑)

まあ、こう倒れそうなことが続けばね(汗)

iPhoneからけたたましい効果音が

そんなコントみたいなことがあって、しばらくしてから、別の案件が始まりました。

同じカウンター席に座っていたある男性がいて、その男性が持っているiPhoneから、カメラのシャッター連射音が鳴り響いたんです。あ、間違ってシャッターを押しっぱなしにしたのかな?と思っていたら…一向にシャッター音が止まりません。

その音を停めようとして、なにか操作をしているようだったんですけど、やはシャッター音は止まらず。

「まあ、しばらくしたら止まるだろう」と思って仕事を再開したら、シャッター音が消えたので、たぶん事なきを得たんだろうと思ってたんです。

で、しばらくして、ふとその男性に目線を向けたら…あれ?よく聞くとまだシャッター音が鳴っているじゃないですか(汗)どうやらシャッター音は消せなかったようで、上着らしき服にiPhoneを包んで物理的に音を小さくしていたようです。

電源を落として再起動をしないのは、誰かの連絡を待っているから電源を落とせないのか…理由は定かではありませんが、iPhoneの画面を見て、また服にiPhoneを包んでました。

あんじゅの思うトコロ

どちらの方も、その後どうなったかわかりませんが…人は疑心暗鬼になったり、想定外のことが起こると、傍から見たら「?」みたいな行動をすることがあります。

あとから冷静に考えたら「なんであんなことをしたんだろう?」っ思いますけど、本人からしたら必死なんですよね(汗)

(´-`).。oO(…ああ、そういえばあんなことしたっけ…恥ずかしい…)

杏珠
以上、新しいおもちゃが来たので遊び倒してみようと思う杏珠でした。それではまた!

よく読まれているコラム記事はこちらです

The following two tabs change content below.
杏珠(あんじゅ)
1972年生まれ。東京都八王子出身・中野区在住。デジタル機器やデジタルサービスを駆使して、いつでもどこでも人生を謳歌する「デジタル寅さん」として活動中。デジタルの楽しさを知ってもらうためのデジタルサポートを行っています。 その他にはグラフィックデザイナー、料理や食を通じてコミュニケーションを楽しむ研究をしている「食と心の研究家」としても活動。料理コミュニティ「キッチン男子部」の顧問も。
スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

フォローする