シェアする

【水餃子】練馬にて台湾仕込みの本場水餃子を手軽に楽しむなら「百ちゃんの店」に!

練馬界隈を散歩していたら、見覚えのない立ち飲み屋を発見。しかも「水餃子」を食べさせてくれるこのお店…入るしかないでしょ!ってことで、立ち飲み屋スタイルの水餃子のお店「百ちゃんの店」で、絶品水餃子を堪能してきました。

skitchEUK9xU

詳細は以下に。

スポンサーリンク
ad

立ち飲みスタイルの水餃子のお店!

お店は立ち飲みスタイルのお店で、3人入れば満席の小さなお店です。店主の百恵さん(モモさん)が一人で切り盛りしていて、とても笑顔がステキな女将さんです。 お話を聞くと、モモさんは台湾出身の方らしく、お店のオープンも2週間前からということで、できたてホヤホヤのお店です(^^)

IMG_0430

びっくりしたのが、日本語でお話をしていたのですが…特に学校に行っているワケではなく、本とテレビと会話だけで日本語を習得したとのこと。本人は謙遜していましたが…「挨拶ができれば、海外でもどうにかなりますよ」っていうお話を聞き、このチャレンジ精神はホント、ステキだなって思いました。

 

台湾仕込みの水餃子を堪能!

前置きはともかく、早速水餃子を頂くことにしました!

 

お通し的な何か

…と、その前に、お通し的なメニューもあるので、いくつか頂きました。

IMG_0427

↑ゼンマイ、特製ピーナツ、豆腐の皮など、シンプルなお総菜もあります。

 

そしてメインの水餃子

IMG_0428

↑女将さん自ら、注文したその場で餃子の皮を伸ばして、すばらしい手際で餃子を作っていきます

IMG_0424

↑ころころカワイイ餃子達(^^)男性なら20コぐらい食べられそうです

IMG_0423

↑餃子をゆでるのに時間ではなく、目で判断するとのこと

IMG_0425

↑ゆであがった餃子を頂きます!今回はニラ餃子とセロリ餃子を頂きました

IMG_0426

↑お肉が入っているにも関わらず、あっさりしていてとても美味しいです!何個でも食べられそう!!

IMG_0429

↑ごちそうさまでした!!!

 

まとめ

ステキな笑顔と、お客さんをもてなすココロがとても暖かい百さん。日本の文化に、水餃子を浸透させたいという思いもあるらしく、主食で水餃子を食べる台湾の文化は、ここの水餃子を食べることで十分納得できます。

あまりにも家庭的過ぎるので、二回目以降、お店に行くときには「ただいま」って言いながらお店に入りたいと思うかもしれませんよ!

お話し好きで、とっても家庭的で暖かい雰囲気の「百ちゃんのお店」練馬界隈にお住まいの方、練馬にふらっと立ち寄った方にはオススメのお店です(^^)

店舗情報

店名 百ちゃんの店
営業時間 平日 19:00〜23:00
土日祝 18:00〜23:00
定休日 今のところ無休(夏休み有)
住所 東京都練馬区豊玉北5-31-8 ウェルステージ練馬106
TEL 090-1458-1618
メニュー 水餃子各種500円〜 前もって予約すれば、肉まんなどもあります
その他 立ち飲み 3人(詰めれば4人)
駐車場:無し

アクセス方法・地図

練馬駅から歩いて5分のところにあります。


大きな地図で見る

The following two tabs change content below.
杏珠(あんじゅ)
1972年生まれ。東京都八王子出身・中野区在住。デジタル機器やデジタルサービスを駆使して、いつでもどこでも人生を謳歌する「デジタル寅さん」として活動中。デジタルの楽しさを知ってもらうためのデジタルサポートを行っています。 その他にはグラフィックデザイナー、料理や食を通じてコミュニケーションを楽しむ研究をしている「食と心の研究家」としても活動。料理コミュニティ「キッチン男子部」の顧問も。