シェアする

栄養学セミナーから「知ることの大事さ」を痛感する

6037953780 64738f3881 o

今日はTokyo&NewYork主宰の細川モモさんの健康セミナーに行ってきました。

スポンサーリンク
200217_ad

自分の健康を“自分事”と捉えていたか?

最近、健康に関して興味をもっていたので、良い機会なので参加してみましたが…いやはや、どれだけ自分が健康に対して不勉強だったのかが痛いほど分かりました。

それと同時に、健康は単なる身体だけのことではないこと、長寿と延命の違い、そして1番印象的だったのは…

何かを食べることと、必要な栄養がちゃんと取れているということはイコールではない。

ということでした。

当たり前でしょ?と言われるかもしれませんが、身体に不調や病気のサインが出たときに「これだけ食べていればいい」とか「薬を飲んで治して、なかったことにする」という考えが自分の中になかったか?と言えばウソになります。

海外の栄養学の浸透率と日本の比較、知らないことを自己責任として捉えられないマインド…このままで良いのか?と、常に投げかけられました。

今日のセミナーを聞いて、この先、栄養学を学ぶ必要は必ずあると思った反面、生き方を他人任せにしたくないの思いました。

自分の行動1つで、自分だけでなく、周りの人達、そしてこれから生まれてくる子供達に様々な影響がある…

ウチは子供がいませんが、これから生まれてくる子供達、子供が欲しい方には、ぜひ栄養学を学んだ方がいいと思います。

あんじゅの思うトコロ

2時間半の長丁場のセミナー、そして会場は超満員だったことも頷けるセミナーでした。細川モモさん、ありがとうございました(^^)

杏珠
以上、カレーが食べたくてしょうがない杏珠でした。それではまた!

関連リンク

The following two tabs change content below.
1972年生まれ。東京都八王子出身・中野区在住。デジタル機器やデジタルサービスを駆使して、いつでもどこでも人生を謳歌する「デジタル寅さん」として活動中。デジタルの楽しさを知ってもらうためのデジタルサポートを行っています。 その他にはグラフィックデザイナー、料理や食を通じてコミュニケーションを楽しむ研究をしている「食と心の研究家」としても活動。料理コミュニティ「キッチン男子部」の顧問も。
スポンサーリンク
200217_ad
200217_ad

シェアする

フォローする