シェアする

過去1週間分のラジオ番組を視聴可能!「タイムフリー視聴」機能搭載ラジオアプリ「radiko.jp」が楽しすぎる!

タイトル

(参照元:radiko.jp

ラジオ、最近いつ聴きましたか?

学生時代よりも聴く時間が減りましたが、私は仕事をしている時、料理を作る時、夜中の単純作業時間のBGMにラジオは欠かせません。

昔はミニコンポにアンテナをつなぎ、キレイな音源でFMラジオを聞いていたモノですが、インターネットが普及してからは、ネット経由でラジオが聞けるようになりました。それが「radiko.jp」というサービス。

ネット環境があれば、パソコンやスマホでラジオ番組が、場所を問わずどこでもクリアな音質で聴けます。

そんなradikoで新しいサービスが11日から始まりました。それが「タイムフリー視聴」というもの。過去配信されたラジオ番組の一週間をさかのぼって聴くことができるんです。

そのタイムフリー視聴機能を含んだiOSアプリ「radiko.jp」がアップデートされてましたのでご紹介します!

スポンサーリンク
ad

UIも一新!目玉はタイムフリー視聴

radiko

今回の目玉である「タイムフリー視聴」がスマホアプリからでも使えるようになったからか、UIも一新されてました。

画面上部には、現在放送中の番組を聴くのには「ライブ」過去の番組を聴く場合は「タイムフリー」月額350円で全国のラジオ放送が聴ける「エリアフリー」と、それぞれのボタンがあります。

radiko

お目当ての番組を探すのには、番組表と検索(日時、エリア、キーワードから検索可能)から探すことができます。

radiko

タイムフリー視聴で聴いた番組をシェア!

タイムフリー視聴で見つけた番組を、SNSでシェアすることができます。しかもピンポイントで時間指定をしてのシェアが可能なんです。番組ゲストで出ているコーナーとか、ここのトークが面白くて聞いて欲しいなどなど、タイムフリー視聴ならではの機能ですね。

シェア画面

▲LINE、Facebook、Twitter、URLをコピーから選べます。

シェアされたURLをクリックすると、パソコンならブラウザが立ち上がり、番組を聴くことができます。スマホの場合は「radiko.jp」アプリがインストールされていれば、指定された時間から番組が始まります。

Facebook画面

▲スマホからの場合、シェアされたリンクをタップすると、radiko.jpアプリが立ち上がります

PC版

▲パソコンの場合はブラウザが立ち上がり「再生する」をクリックすれば放送が始まります

タイムフリー視聴の注意点

タイムフリーで見つけた番組を視聴するときに気をつけたいのが、再生ボタンを押してから視聴時間が3時間までという制限があること。できればここは制限無しで聴けるとよかったんですけど…もしかして仕様変更があるかもですが、今のところはゆっくり聴ける時間に聴くようにしましょう。

radiko

あんじゅの思うトコロ

民放テレビの番組を番組終了時から見られる「TVer」というアプリも出ています。今までは番組録画や録音をしなかったら、過去の番組は視聴することができなかったのが、インターネットが普及してきたことで、こういった垣根がなくなってきました。

囲い込みをするのではなく、みんなで良い物はシェアしていこうという考えは、これからもどんどん広がっていきそうですね。

ラジオというメディアはテレビと違い、独特の世界観を持っています。ラジオ番組から知る音楽との出会いもありますし、パーソナリティーとリスナーとの距離がとても近い感じががするんです。

今も昔もラジオは好きなので、今回のタイムフリー視聴ができるようになったのは、聴ける番組が増えますし、とても嬉しいことですね。

昔はよくラジオを聴いていた人も、ラジオを聴いたことがない人も、視聴もアプリも無料なので、ぜひぜひチェックしてみてくださいね!

radiko.jp【価格:無料/2016.10.13現在】

シェアラジオ・民放ラジオ特別番組であの人が帰ってくる!

デラ研 444

(参照元:シェアラジオ、はじまる。~ラジオをもっと聴こう!|タイムフリーで共有して楽しむラジオへ

今回の「タイムフリー視聴」と、番組をシェアできるようになった「シェアラジオ」の体験してもらおうということで、11日から17日まで特別番組が配信されています。それが『サントリー天然水 presents 宇多田ヒカルのファントーム・アワー』という番組。

パーソナリティーはなんと、約2年半ぶりになる宇多田ヒカルが担当します。なぜ宇多田ヒカルがパーソナリティーをやっているのか、その理由はこんな風に書かれていました。

そんな彼女が約2年半前(2014年3月)、ラジオレギュラー番組「KUMA POWER HOUR with Utada Hikaru (InterFM)」最終回のエンディングでこのように語りました。
「今後、ラジオが例えば、番組が放送されたあと一定期間ストリーミングでネットで聴けるとか<中略>そうゆうようなポジティブな変化が今後どんどん進んでいくといいなと思っています。ラジオと現代の生活スタイルとか、他のメディアをこう全部繋げるような変化があるといいな」と。
今回、「タイムフリー聴取」「シェアラジオ」というラジオメディアの大きな転換点で、この特別番組はそのアンサーとしてラジオ側が宇多田ヒカルからの提言に対して応えたものでもあります。

引用元:シェアラジオ、はじまる。~ラジオをもっと聴こう!|タイムフリーで共有して楽しむラジオへ

ラジオだけでなく、本やTV、ネットなど、それぞれのメディアが囲い込みや独占するのではなく、どこかゆるい繋がりがあるような世界が構築されれば、自然で自由だし、とてもステキだなぁって思うんです。

これはメディアのことだけじゃなくて、自分自身にも当てはまる思うんですね。自分でできることを全部やるのもいいんですが、任せられるところは他の人に頼んだり、任せたり、共有することで、世界はもっと広がるんじゃないかなって。

宇多田ヒカルファンはもちろんのこと、ラジオの好きな人が、ラジオの楽しみ方やこんな価値があるってことを、この番組がきっかけで広がるといいな…って思いました。

興味のある方は、番組もチェックしてみて下さいね(*´∀`*)

杏珠
以上、赤坂泰彦のミリオンナイツがまた聴きたい杏珠でした。それではまた!

関連記事

関連リンク

The following two tabs change content below.
杏珠(あんじゅ)
1972年生まれ。東京都八王子出身・中野区在住。デジタル機器やデジタルサービスを駆使して、いつでもどこでも人生を謳歌する「デジタル寅さん」として活動中。デジタルの楽しさを知ってもらうためのデジタルサポートを行っています。 その他にはグラフィックデザイナー、料理や食を通じてコミュニケーションを楽しむ研究をしている「食と心の研究家」としても活動。料理コミュニティ「キッチン男子部」の顧問も。