シェアする

大掃除の最後に、スマホの保護フィルムの張り替え!「Anker GlassGuard iPhone6用 強化ガラス液晶保護フィルム」に張り替えてみる!

フィルム

クリスマスも終わり、12月も残りわずかになりました。みなさん、いかがお過ごしですか?

1日ずっと大掃除になるのが面倒くさいので、ちょこちょこ事務所のお掃除はしてました。で、最後の最後に着手したのが…スマホの画面保護フィルムの張り替えです。

フィルムの端の方が汚れてきて、フィルムがはがれかかり、剥がれた所に更に汚れがつき、フィルムがはがれてくるのループ。

ヨゴレ

さすがにもう、このフィルムも限界かな?ってことで、フィルムを探していたら、ちょっとよさげな保護フィルムがあり、iPhone6とのお付き合いもまだまだ続きそうなので、大掃除の締めに購入してみました。

スポンサーリンク
ad

Anker GlassGuard iPhone6用 強化ガラス液晶保護フィルム

今回購入した「Anker GlassGuard」は、ナイフより堅い高度を持つ強化ガラス仕様の保護フィルムです。強化ガラス仕様の保護フィルムは買ったことがないので、それを踏まえてのレビューになります。

※ちなみにこちらの製品、なんと18ヶ月保証もついていますので、そこも購入時の条件としてチェックしておいてください。

箱

▲段ボール製の箱で届きました

内容

▲フィルム、説明書、画面クリーナー、取付用シールが入っていました

Anker GlassGuardの使用感をチェック!

気に入ったトコロ

素材が硬いので貼りやすい

厚みのあるフィルムなので、反ったりして空気が入りにくく、フィルムを貼ったあと密着部分に入った空気が抜きやすかったですね。

過去にフィルムの張り替えで、フィルムと画面の間に空気が入ったのがどうしても抜けないから、一度はがしてから張り直そうとしたときにホコリが入ったりしちゃって「ああ!もう!」って諦めたことがありましたから(笑)

貼り付け用シール

▲貼りやすくするためのシールや手順など、よく考えてるなぁ…

フリックなど、画面上の操作感は問題なし

フィルムを貼り終わったあとに、1番気になるのが「フリック入力時の引っかかり」です。フィルム上で指をフリックするときにスムーズに動かずにひっかかると、ものすごいストレスを感じます。

これは、フィルムを貼ってフリックしてみないと、この感触はわからないので、大丈夫かぇ…と思いながらフリックしてみましたが…うん、問題なしです。

気になるトコロ

結構厚みがある

製品の特性になってしまうんでしょうが、普通のフィルムと違って厚く感じ、ホームボタンを押すときに、ホームボタンとフィルムの境にフィルムの厚みが感じられます。

ただ、操作をする分には特に気になりませんが、前に使っていたフィルムの厚さによって、使い始めは多少違和感を感じるかもしれません。

厚み

▲横から見ると、こんな感じの厚みです

ピッタリ

▲操作画面まではフィルムがカバーしますが、それ以外の全面ガラスはカバーしきれていません。iPhoneの構造上、曲面になっているので仕方ないと言えば仕方ないのですが

スマホ用の手袋を使う時は要注意

素手で使う分には問題ないんですが、気になったのはスマホ対応の手袋を使った場合、少し強めに押しながら操作しないと認識しませんでした。これは手袋の素材にもよるかと思いますが…スマホ対応の手袋を使いたい人はご注意を。

手袋

▲素手で操作を行うよりも、強く押し気味でする必要があります

あんじゅの思うトコロ

ちょうどタイムセールの割引で、なんと270円でゲットした「Anker GlassGuard iPhone6用 強化ガラス液晶保護フィルム」ちょうど張り替えたかったのでナイスタイミングでしたっ!

Anker製品は、USB「5ポート USB急速充電器 ACアダプタ」を2台持っていますが、保護フィルムまでカバーしてるとは…恐るべしAnker。

年末大掃除はお部屋だけでなく、普段酷使しているスマホにも、愛情を込めてキレイキレイしてあげてくださいませ(*´∀`*)

The following two tabs change content below.
杏珠(あんじゅ)
1972年生まれ。東京都八王子出身・中野区在住。デジタル機器やデジタルサービスを駆使して、いつでもどこでも人生を謳歌する「デジタル寅さん」として活動中。デジタルの楽しさを知ってもらうためのデジタルサポートを行っています。 その他にはグラフィックデザイナー、料理や食を通じてコミュニケーションを楽しむ研究をしている「食と心の研究家」としても活動。料理コミュニティ「キッチン男子部」の顧問も。