シェアする

何かを判断するときに「言葉」だけに頼っていませんか?

タイトル

ここのところ、日本の神様カードがトップの写真になっています。ステキなイラストですよね★

以前から思っていたんですが、やっぱり日本の神様って、このカードの絵柄のようにお茶目なんだと思います(笑)

スポンサーリンク
200217_ad

絵柄からのインスピレーション

このカードは、もちろんそのカードの解説が書かれている小冊子がついているんですが、その解説以上に、この絵のインスピレーションから感じ取ったものの方が、自分にすっきりくるときもあります。

解説が必要ない…のではなくて、「言葉」じゃなくビジュアルで感じることの方が「ビビっ」って来ることがあるんですね。

言葉は何かを伝えるときに大事ではありますが、時にはその言葉を勘違いしてしまうこともあります。ですが、直感を鍛えていくと、不思議に勘違いということがないんですね。

直感が、何かに対して合ってるか間違っているかではなく、感じたことをそのまま受け取って、直感を信じることができる練習になるんです。

言葉に頼っていると、過去の自分の記憶から、その言葉に対して掘り起こすことに集中してしまうことが多いので。

もし、この神様カードでなくても、他のカードや、普段の生活の中で、なにか言葉じゃなくてビジョンや雰囲気、空気から感じるようにしてみてはいかがでしょうか?

そうすることで、また違った感覚を呼び起こすことができると思いますよ(^^)

あんじゅの思うトコロ

今回は日本の神様カードを取り上げましたが、気になったモノであれば、なんだっていいと思うんです。気になったのなら、その直感に委ねてみる。ちょっと怖いかもですけど、ちゃんとなるようになってますから(笑)

杏珠
以上、神様カードは大きいので、カードを切るのが大変…な杏珠でした。それではまた!
The following two tabs change content below.
1972年生まれ。東京都八王子出身・中野区在住。デジタル機器やデジタルサービスを駆使して、いつでもどこでも人生を謳歌する「デジタル寅さん」として活動中。デジタルの楽しさを知ってもらうためのデジタルサポートを行っています。 その他にはグラフィックデザイナー、料理や食を通じてコミュニケーションを楽しむ研究をしている「食と心の研究家」としても活動。料理コミュニティ「キッチン男子部」の顧問も。