シェアする

【OSX】Clipyを使ってクリップボードを開放しよう!ClipMenuの血を受け継ぐクリップボードアプリ登場

Clipy紹介記事タイトル画像

ブログ記事や仕事でMacを使っている時、画像やテキストをコピーしたときに、過去の履歴をさかのぼって使う事があります。

OSX上では、コピーした文章や画像は、コピーするたびに上書きされてしまいますが、コピーした内容を履歴として保存してくれるClipMenu」というユーティリティがあります。

過去に記事を書いていたぐらい、ずっとお世話になっていたんですが、更新が止まったままで、気になっていながらそのまま使っていました。

月日が流れ、最近になってClipMenuを元に開発された後継アプリ「Clipy」が、発表されたと耳にしたので、さっそく導入してみることにしました。

スポンサーリンク
ad

ClipMenuと同等の機能をもっている

今回紹介するClipyは、クリップボードの内容の履歴を保存、呼び出しができる以外に、登録している複数のスニペット(定型文)を呼び出すことができます。

Clipyコンテキストメニュー画面

▲ブログでよくつかうタグや、メールでの挨拶など、繰り返し使うものを登録しておくことで、いつでも呼び出すことができます

スニペット(定型文)データの移行ができる

ClipMenuで登録したスニペット(定型文)データは、Clipyでも取り込んで使う事ができるので、スニペットデータをたくさん登録していた人は、ひとつずつ再登録する必要がありません。

Clipyスニペット編集画面

開発がこれからも続きそう

Clipyは今後「スニペット・マーケット」という、ユーザーがスニペットをアップロード&ダウンロードできる機能を予定しているとのこと。

スニペットをIDEのパッケージマネジャーのような形でアップロード・ダウンロードできる機能を考えています。
例えば、プログラムでの定型文、メールでの定型文などスニペットとして予め登録しておくことで、時間をはるかに短縮できることがあります。

via: Swift – クリップボード拡張Macアプリ「Clipy」を公開しました – Qiita

そして、動的なスニペットも実装予定だとか…うーん、便利に使えそうですね(≧∇≦)

他のアプリケーションには導入されていたりしますが、動的なスニペットを実装も考えています。
例えば、予め日付を表示するスニペットを登録しておけば、その日の日付が入力されるなどです。

via: Swift – クリップボード拡張Macアプリ「Clipy」を公開しました – Qiita

使い方

1まずは公式サイトからClipyをダウンロードします。

Clipyダウンロード画面

ダウンロードはこちらから

2アプリケーションフォルダにドラッグ&ドロップしてコピーします。

Clipyインストール方法

3アプリを起動します。

4Macを起動時にClipyを自動的に立ち上げるようにしておきたいので、環境設定から「ログイン時に起動」をチェックしておきます。

Clipy環境設定

▲メニューバーのClipyアイコンから環境設定を選びます

Clipyをログイン時に起動する設定

5スニペット(定型文)は、スニペット編集画面にて行います。フォルダごとに整理できるのと、書き込み、読み出しができるので、よく使うものはここに登録しておきます。

Clipyスニペット編集画面呼び出しの手順

▲メニューバーのClipyアイコンから「スニペット編集」を選択します

Clipyスニペット編集画面

6ショートカットは、メニューバーから選んだのと同じ表示になる「全部入りメニュー」「履歴メニューのみ」「スニペットメニューのみ」それぞれのショートカットを設定できます。

Clipyのショートカット設定

あんじゅの思うトコロ

すでにClipyに移行済で使っていますが、使い方も使い勝手も同じなので、なんらつまずくこともなく使えています。

以前からClipMenuを使っている人や、クリップメニューの履歴をさかのぼって使いたいという方は、チェックしてみてはいかがでしょうか?

Clipy関連サイト

公式サイト

開発への経緯について

公式Twitterアカウント

Clipyを紹介していた関連サイト

関連リンク

過去に使っていたClipmMenuの紹介記事です。

The following two tabs change content below.
杏珠(あんじゅ)
1972年生まれ。東京都八王子出身・中野区在住。デジタル機器やデジタルサービスを駆使して、いつでもどこでも人生を謳歌する「デジタル寅さん」として活動中。デジタルの楽しさを知ってもらうためのデジタルサポートを行っています。 その他にはグラフィックデザイナー、料理や食を通じてコミュニケーションを楽しむ研究をしている「食と心の研究家」としても活動。料理コミュニティ「キッチン男子部」の顧問も。