シェアする

iPhoneから「iPhoneのバックアップをするのにiCloudの空き容量が足りないよ?」という通知がうざったいので通知をオフにした話

タイトル

先日「ちょっと待って!iOS10.3にアップデートするなら、iPhoneのバックアップを取る時間も確保しときましょ!」でもお伝えしたiOS 10.3へのアップデートを行った後、なぜか「iCloudバックアップ」の機能がオンになっていました。

原因はiOS10.3へのアップデートをした際のバグのようで、iOS10.3にアップデートした少数のiCloudユーザーのみ起こる現象とのこと。

「バックアップできない」という通知が表示されたので、通知経由で設定画面にアクセスしてこの機能をオフにしようとしたのですが、少々設定が必要だったので、その設定方法をまとめました。

スポンサーリンク
ad

iCloudを使ってのバックアップ解除の項目が見当たらない

バックアップのキャンセルができない

iPhoneのバックアップはMacのiTunesに設定してあるので、iCloud上にiPhoneのバックアップを取る必要がないため、この設定をオフにしようとしたら「ストレージを追加する」と「後で行う」の2つからしか選べないようになっていました。

毎回通知が来るのはうっとうしいので、バックアップ方法をiCloud経由ではなく、iTunes経由に変更します。

変更方法

1
設定をタップiCloudをタップし、下にスクロールしてからiCloudバックアップをタップします。

自動バックアップ解除方法

2iCloudバックアップの右にあるスイッチをタップOKをタップして終了です。

自動バックアップ解除方法

あんじゅの思うトコロ

iPhoneを持っている人が必ずしもMacやPCを持っているワケではないので、iCloud経由のバックアップができるようになっているのはナイスな仕様だと思っています。

ですが、MacやPCを持っている場合、iCloud経由でのバックアップは不要な人もいますので、もしiCloud経由のバックアップを中止したい方は参考にしていただければ!

今回の件についてAppleからメールが届いていました

今回、勝手にiCloudサービスの機能が勝手にオンになってしまう件で、以下の様なAppleからのメールが届いていました。

iCloudの設定をご確認ください

最近のiOS 10.3ソフトウェアアップデートに、少数のiCloudユーザに影響を与える問題が見つかりました。無効にしていたiCloudサービスの設定が、アップデート後に有効になってしまう可能性があります。
iOSデバイスのiCloud設定にアクセスして、希望されるサービスのみが有効になっていることをご確認ください。
iCloud設定の管理方法についての詳細、またはAppleCareへのお問い合わせはこちらを参照ください。
今後ともよろしくお願い致します。
iCloudチーム

引用元:iCloudの設定をご確認ください – powerangix@gmail.com – Gmail

先日リリースされたiOS10.3.1では、この現象は起こらないそうですが…どちらにしても、オフにしていた機能がオンになると面倒くさいこともありそうなので、iCloudの設定を見直した方がいいかもしれません。

iCloudのストレージプランと料金

ちなみにiCloudのストレージ容量を追加するプランと料金は、以下通りです。(2017年4月4日現在)

50GB 130円
200GB 400円
1TB 1,300円
2TB 2,500円

私のiPhone7の場合、約90GBのデータを使っているので、契約するとしたら200GBプラン月額400円(年間4,800円)になります。MacやPCを持っていない方は、iCloud経由でバックアップを取るのに、このぐらいの金額がかかりますよーって覚えておいてくださいませ。

杏珠
以上、iPhone7用のバッテリー内蔵ケースをいただいて、試しに使っている杏珠でした。それではまた!

関連記事

関連リンク

The following two tabs change content below.
杏珠(あんじゅ)
1972年生まれ・東京都八王子出身。デジタル機器やデジタルサービスを駆使して、いつでもどこでも人生を謳歌する「デジタル寅さん」として活動中。デジタルの楽しさを知ってもらうためのデジタルサポートを行っています。 その他にはグラフィックデザイナー、料理や食を通じてコミュニケーションを楽しむ研究をしている「食と心の研究家」としても活動。料理コミュニティ「キッチン男子部」の顧問も。