シェアする

【電子書籍】電子出版関連総合情報誌「eBookジャーナル Vol.2」が発売されています。

毎日コミュニケーションズから、電子出版関連総合情報誌「eBookジャーナル vol.2」が発売されています。

skitchBWUoeE

詳細は以下に

スポンサーリンク
200217_ad

vol.2が発売。今号の見所は?

2号目にになる今号は「電子書籍ストア大研究」「DRMの真実」「電子出版契約において、いま考えるべきこと」の三大特集になっています。制作サイドでは、とかく制作物の規格や作成方法などにフォーカスしがちですが、電子書籍に関わるマーケットがどうなっているのか?ということも知っておくことは大事だと思います。そういった意味でも、今号も役にたつ情報が満載でした。

以下、公式サイトより目次の引用です

第1特集 電子書籍ストア大研究。

インタビュー◎河田洋次郎  取材後記「ストアの現状と課題」  2011年電子書籍リーダー端末の主役はどれだ?  プラットホーム/ストア関係図  アンケート 電子出版プラットホーム調査  読者対談 現状の電子書籍サービスを体験  VOYAGER STORE ほか

第2特集 DRMの真実

 DRMの現状と課題を考える
 Q&Aで知るDRM素朴な疑問
 健全な流通と権利の両立とは
 利用可能なDRMの種類
 出版社の取り組み
 プラットホーム/ストアの考え方と対応は?

第3特集 電子出版契約において、今考えるべきこと

 数年後のビジネス環境を見据えた議論を
 デジタル雑誌配信権利処理ガイドラインに注目
 掲載されているQ&Aその解釈について


【Key Personsー電子書籍のフロンティア】
 今野敏博(ブックリスタ)「今はみんなが協力し、マーケットを作り上げていく時期です」
 永原康史「新デザイン誌で改めて電子書籍のフォームを作りたい」

【CASE STUDY】
 (1)棋譜データとの連携で大きく広がる可能性 『将棋世界』
 (2)音と映像、五感で楽しむ雑誌『GOLF TODAY』」

【REVIEW】
 電子ペーパーを採用した電子書籍専用端末「biblio Leaf SP02」
 電子書籍ビューアと連携して読書体験を共有できるウェブサイト 「SHARE READER」
 より多機能に進化する電子書籍ソリューション 「デジタリンクActiBook」

【連載】
 電子出版|デザイン最前線「Dogear」
 eBook誌上実験室
 リーダー向上委員会
 電子写真集を作ってみたい!
 iPad時代のデザイン論
 Q&A eBookジャーナル相談室
 EPUB定点観測
 なるいのDRM進化論
 今さら聞けない用語解説

○制作会社リスト
– マイコミブックス – eBookジャーナル Vol.2

まとめ

電子出版関連に興味がある方で、日々の業務などが忙しく、関連情報を集めきれない方達にとっては、こういったムックという形でパッケージ化された総合誌の存在は本当にありがたいと思います。このeBookジャーナル、紙版以外にもデジタル版の発売もされているようなので、興味のある方はFujisan.co.jpのサイトで販売されているようなので、購入をお考えの方は、検討されてみてはいかがでしょうか?


– マイコミブックス – eBookジャーナル Vol.2

eBookジャーナルの詳細はこちらから



eBookジャーナル(イーブックジャーナル)<デジタル>|雑誌のFujisan.co.jp

デジタル版、紙版、どちらも販売しています。



The following two tabs change content below.
1972年生まれ。東京都八王子出身・中野区在住。デジタル機器やデジタルサービスを駆使して、いつでもどこでも人生を謳歌する「デジタル寅さん」として活動中。デジタルの楽しさを知ってもらうためのデジタルサポートを行っています。 その他にはグラフィックデザイナー、料理や食を通じてコミュニケーションを楽しむ研究をしている「食と心の研究家」としても活動。料理コミュニティ「キッチン男子部」の顧問も。