シェアする

自分が寝たいときに寝る。睡眠をコントロールすることで得られるメリット。【第1回】私がフリーランスになった理由

タイトル

眠いからちょっとソファで横になって、気がついたら今さっき目覚めました。あ、今3時?(笑)

目が覚めて、冷蔵庫から水を取り出して飲んでいたら、ちょっと懐かしい気持ちになりました。雑誌仕事がメインの全盛期、徹夜での仕事が多かったのですが、徹夜が確定している時も、欠かさずやっていたことがあります。それが「睡眠」です。

「睡眠」それをするしないだけで、生産性がまったく変わってきます。それどころか、もっと大事なことに気がつくんですよ。

睡眠にまつわることは昔から力説してて、いつか書こうって思っていたネタだったので、ちょいと記事にしてみました。推敲しながら書いていたら…なんか3週間ぐらいかかってしまっているので、小出しにして記事にしてみたいと思います(笑)

第一回目は「私がフリーランスになった理由」です。

スポンサーリンク
ad

自分の体調はいつどうなるか分からない

私がフリーランスのデザイナーになった理由を聞かれたときは、「朝の電車通勤(ラッシュ含む)したくないから」とお答えしてます(笑)

元々人混みが苦手で、人混みの中に長時間いると、人酔いしてやられてしまうってこともあるんですけど、一番の理由は眠いときに寝られないというのが、自分にとって一番しんどい&ストレスだったんです。

両親が個人事業主ということもあり、その影響もあって、自分もフリーランスには遅かれ早かれなるんだろうなーって思ってました。

フリーランスになろうと決めた数ヶ月前からは、知り合いのデザイナーさんからのお仕事の紹介をいただいたり、営業活動をしていただいた仕事を、すでに自宅でやっていました。

雑誌デザインの仕事の時は、締め切りは動かせず、でも素材はいつ来るか分からないという状況が多々あります。予定通りに仕事が進めばいいのですが、まあ大抵は予定通りに来ません(笑)

予定通り原稿がこなくても、フリーの仕事も、デザイン事務所の仕事もやらないと行けないワケなので、フリーの仕事の予定がズレれば、時には徹夜明けのまま出勤し、デザイン事務所の仕事をすることになります。

負の連鎖大爆発

寝られないだけでも辛いのに、朝の通勤ラッシュ時に出勤し、帰社時間までに仕事はこなさないといけない。この状況は、自分にとって苦痛でした(^_^;

自分の都合で勝手に休むわけにも行かず、事務所で仕事をしているときの集中力もままならないと、もちろん作業スピードは落ちます…もう負の連鎖大爆発(笑)

すごいワガママなことを言っていますが…未経験の自分に対して、デザイン事務所勤務の時は、デザインのイロハを教えて頂き、決して未経験者のデザイナー一人では経験できないようなことをさせていただいたことはとても感謝しています。

ですが、どうしてもフリーランスになって、自分の好きな時間に睡眠や休憩を取ることができて、気兼ねなく仕事に打ち込みたいという思いが強かったので、迷惑をかけていると思いつつ、そういった日々をすごし、フリーランスのデザイナーとして独立しました。

独立する理由は様々

業種よって理由も変わってくると思いますが、フリーランスになる理由って1人1人違うと思います。たとえば「好きな仕事をしたい」「お金を稼ぎたい」「親や子どもの介護が必要で、在宅での仕事をしたい」「実家の家業を継ぐ」などなど。

自分が望んでいなく、仕方なくそうしている方もいらっしゃると思います。私が独立した理由はどちらかというと、一般的にワガママの部類に入るのではないでしょうか?(笑)

でも、無理してまでも、今勤めている職場や業種の環境で仕事を絶対続けないといけない…ということはないんだと思います。

自分が気持ちよく仕事に打ち込めたり、その仕事に関わる人達が「ああ、この仕事に関われてよかった」って一緒に感じられる人と仕事ができる方が、自分にとっては大事なことだったので。

自分だけでなく、関わり合う相手も含めた「心地よい」関係が築ける環境で仕事をする。その環境を整えるのに、自分にとって大事だったのが、朝の電車通勤(ラッシュ含む)をしなくて済み、いつでも自分で気兼ねなく睡眠が取れるという「フリーランス(自宅事務所)形態」だったワケです。

事務所に行けばなにかしら仕事はあるし、ある程度の固定給はありましたが、それ以上にこの「睡眠がいつでも気兼ねなく取れる」方を選びました。

ただ、これはフリーランスがいい選択で、会社員が悪い選択ということではありません。ただ、当時の自分は「自宅事務所でいつでも寝て起きて、デザインの仕事ができる方がいい」と思っただけです。

会社員でも自宅勤務ができたり、出勤の時間や就業時間をフレキシブルに対応してくれるトコロもあるでしょうから、相談して自分で決めればいいと思いますので(*´∀`*)

あんじゅの思うトコロ

睡眠を軸に記事を書いていたら、いつの間にかフリーランスの事を話してました(笑)

いつものごとく、とっちらかって記事を書いていますが、自分は何を大事にしたいのか?を、フラットに突き詰めると、自分が今まで気がつかなかった事に行き着くことがよくあります。

自分が今置かれている状況を、自分以外の何かのせいにしていると気がついたら、本当は自分はどうしたいのか?を突き詰めてみる。それは本当にそうなのか?と疑ってみる。そうすることで、新しい世界が見えてくるかもしれませんね(≧∇≦)

次回は「仮眠の大事さ」について書いてみようかと思います!

友達の引っ越し祝いを祝ってきた杏珠でした!今回はこの辺で…ではまた!

The following two tabs change content below.
杏珠(あんじゅ)
1972年生まれ。東京都八王子出身・中野区在住。デジタル機器やデジタルサービスを駆使して、いつでもどこでも人生を謳歌する「デジタル寅さん」として活動中。デジタルの楽しさを知ってもらうためのデジタルサポートを行っています。 その他にはグラフィックデザイナー、料理や食を通じてコミュニケーションを楽しむ研究をしている「食と心の研究家」としても活動。料理コミュニティ「キッチン男子部」の顧問も。