シェアする

【映画】わけあう幸せ、わけあう喜びを堪能!〜「しあわせのパン」を見にいってきました〜

タイトル

(参照元:映画『しあわせのパン』公式サイト

我らが大泉くんが主演の映画「しあわせのパン」が、地元練馬のユナイテッド・シネマとしまえんで上映しているとのことで、以前から興味があったので早速見て来ました。

スポンサーリンク
200217_ad

映画のあらすじ

イントロダクション

今冬、北海道から心あたたまる映画をお届けします。舞台は、北海道・洞爺湖のほとりにある小さなまち・月浦。映画『しあわせのパン』は、宿泊設備を備えたオーベルジュ式のパンカフェを営む夫婦と、その店を訪れるお客さまたちの人生を描く、春夏秋冬の物語です。

via: イントロダクション | 映画『しあわせのパン』公式サイト

あらすじ

 

東京から北海道の月浦に移り住み、湖が見渡せる丘の上で
パンカフェ[マーニ]を始めた夫婦、りえさんと水縞くん。
水縞くんがパンを焼き、りえさんがそれに合うコーヒーを淹れ、料理をつくる。
そこには、日々いろんなお客さまがやってくる。

北海道から出られない青年トキオ、
なんでも聞こえてしまう地獄耳の硝子作家ヨーコさん、
口をきかない少女未久とパパ、
革の大きなトランクを抱えた山高帽の阿部さん、
沖縄旅行をすっぽかされた傷心のカオリ、
観察好きの羊のゾーヴァ、
そして、想い出の地に再びやってきた老人とその妻。

それぞれの季節にさまざまな想いを抱いて店を訪れた彼らが見つけた、
心の中の“しあわせ”とは?
そして彼らを見守るりえさんと水縞くんに訪れることとは?

 

via: カフェマーニの1年 | 映画『しあわせのパン』公式サイト

予告動画

 

久しぶりに見る大泉くん、キュートな原田さんの姿にうっとり

「水曜どうでしょう」の新作もまだ見ていないんですが、久しぶりに見る大泉くんの姿をみて、なんかほっとしました。ホント、良い俳優さんになったなぁ…って。

そしてびっくりしたのは、共演の原田知世さん。なんてキュートで可愛いんでしょう!スクリーンに映し出される大泉くんとの夫婦の姿は、ほっこりするほどあったかいビジョンでした。羊の「ゾーヴァ」もかわいい!こんな生活にあこがれる人もきっとたくさんいらっしゃると思います。

わけあう喜び

映画のキャッチで「わけあうたびにわかりあえる気がする」って言葉、とてもほっこりしました。

パンを半分にちぎって、相手に渡すシーンが何度かあるんですけど…パンだけでなく、何か大事なものを、大切な誰かとわけあえる喜び。 それが自然にできることって、本当に幸せだなーって思います。それは恋人じゃなくても、友達でも、家族でも。

「わけあう喜び」を感じられることって、すごくフラットでいいですよね。無理なく、自然に。もし、自分にそんな相手が見当たらなかったら、今の自分と未来の自分とわけあってもいいんじゃないかって思います。寝る前に、幸せをわけあうとかね。

まとめ

自然を満喫したい、ほっこりしたい気分になりたい、そんな人にこの映画「しあわせのパン」をオススメしたいと思います。 今日はバレンタインデーですし、良いムードになりたい人にもオススメです★

「自分は誰と、何を、わけあえられるだろう?」

映画を見終わったら、そんな思いにふけながら、大切な人にパンをお土産に買っていっても良いかもしれませんよ(^^)

しあわせのパン
リリース日:2012/01/28/再生時間:114 分

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

The following two tabs change content below.
杏珠(あんじゅ)
1972年生まれ。東京都八王子出身・中野区在住。デジタル機器やデジタルサービスを駆使して、いつでもどこでも人生を謳歌する「デジタル寅さん」として活動中。デジタルの楽しさを知ってもらうためのデジタルサポートを行っています。 その他にはグラフィックデザイナー、料理や食を通じてコミュニケーションを楽しむ研究をしている「食と心の研究家」としても活動。料理コミュニティ「キッチン男子部」の顧問も。