シェアする

【動画】夢の実現化がついに!あの名作ゲーム「OutRun」が現実世界に飛び出した!

三十歳以上のオールドゲーマー&体感ゲーム好きの方、お待たせしました! 夢のようなプロジェクトが進行しています。その名も「リアル「アウトラン」プロジェクト」次はアレとかコレとか、色々な妄想が膨れあがるこのネタ、ワクワクしないワケがありません!動画もあったので、さっそくチェックしてみました。

スポンサーリンク
ad

筐体のまんま走っとる!

ん十年前、ゲーセンで見たまんまの筐体が道を走ってますよ!

skitchYzNyJf

(via Engadget Japanese


走るリアル「アウトラン」筐体が完成、現実をゲーム化してドライブ
かっこよすぎる!


プロジェクトの内容はこんな感じだそうです。

かつてコンセプト段階で紹介したリアル「アウトラン」プロジェクトがいつのまにか走り出しました。アーティスト Garnet Hertz 氏の ” OutRun ” は、古典アーケードゲーム OutRun の筐体を本当に走るように改造した上、目の前の道を2Dのゲーム画面に変換表示することで「現実をゲームとして走る」プロジェクト。

via: 走るリアル「アウトラン」筐体が完成、現実をゲーム化してドライブ

筐体ゲームでも、こういったカタチでできそうなものとそうでないものがありますが、このアウトランの筐体は、まさにこのプロジェクトを予測していたかのような筐体ですよね。ペーパードライバーな自分ですが、これならぜひ走ってみたいと思います。個人的にはスーパーモナコGPとかもやって頂きたい!

おまけ

ちなみに実現化と言えば、チョロQも実際に公道に走れるようにしていたプロジェクトもありましたよね。こないだ公道で久しぶりに見かけました。発表が2002年…そのとき、すでに電気自動車としてデビューしていたんですよね…こっちも乗ってみたい。


Mobile:タカラ,乗れる“チョロQ”こと電気自動車「Q-CAR」発表
これ、考えたら電気自動車なんですよね…


The following two tabs change content below.
杏珠(あんじゅ)
1972年生まれ。東京都八王子出身・中野区在住。デジタル機器やデジタルサービスを駆使して、いつでもどこでも人生を謳歌する「デジタル寅さん」として活動中。デジタルの楽しさを知ってもらうためのデジタルサポートを行っています。 その他にはグラフィックデザイナー、料理や食を通じてコミュニケーションを楽しむ研究をしている「食と心の研究家」としても活動。料理コミュニティ「キッチン男子部」の顧問も。
スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

フォローする