シェアする

【ノマド】【OSX】いつもがんばっているCPUにもたまには休息を 〜DesquanderでCPU使用率を軽減せよ〜

セラピストのためのデジタルコンサルタントの杏珠(@powerangix)です。
いつもブログを見に来て頂き、ありがとうございます(^^)

MacBook Proを使う際に、たくさんのアプリを立ち上げて作業をしていると、CPU使用率があっという間に100%になって動作が重くなることがあります。今回はそんながんばっているCPUさんの負荷を軽減するユーティリティ「Desquander」を紹介したいと思います。

Skitched 20120510 211431

詳細は以下に。

SPONSORED LINK

スポンサーリンク
ad

Desquanderとは?

Macにメモリを潤沢に積んでいても、CPU率が高く負荷が強いと、マシンの動作が重くなり、アプリの切り替えだけでも時間がかかります。

それ以外にも、CPUの熱が上がり、ファンが回りっぱなしになったり、本体の熱が籠もったりするとマシンの負荷も高くなり、外出先でバッテリーの減りも高くなってきます。

そんなときにこのDesquanderを使えば、チェックしているアプリのCPU使用率を0に
することが可能になります。

バックグラウンドのアプリを軽くする:仙台単身赴任生活:So-net blog
ダウンロードはこちらから

 

使い方

使い方はとてもカンタンで、Desquanderを起動したあとに、CPU使用率を止めたいバックグラウンドでアプリにチェックを入れるだけです。

Desquander1 1

ただし、このままだとCPU使用率を止めている場合、そのアプリケーションをDock上でクリックしても、アプリ切り替え(Command+Tab)を指定してもアクティブな状態にはなりません。

 

「ほんの少しだけCPU時間を割り当てる」をチェック

アプリをアクティブにするためには、デフォルトではいちいちチェックを外す必要があります。
ですが、設定画面から「ほんの少しだけCPU時間を割り当てる」を有効にしたあと、CPU使用率を止めていたアプリを選択すると、アクティブにすることが可能になります。

設定

 

まとめ

アプリを出来るだけ立ち上げなくしておけばいいんじゃない?ってツッコミも出てきそうですが、グラフィック関係の仕事をしていると、illustrator、Photoshop、InDesignやBridgeなどは常に立ち上げています。

それ以外にブラウザやEvernote、思い立ったらブログを書き始めちゃうので、ブログエディタなども立ち上げます。

そんな状況だと、毎回アプリの起動、終了を繰り返すよりも、このDesquanderを使って使っていないアプリのCPUを止めておけば、どこでも快適にMacを使う事ができます。

MacBook Pro、MacBook Airを出先でお使いの方で、動作の軽減やバッテリーの減り、発熱などが心配の方は、このアプリをインストールしておくことをオススメします(^^)


バックグラウンドのアプリを軽くする:仙台単身赴任生活:So-net blog
ダウンロードはこちらから

関連リンク:【ノマド環境構築2012】【連載第2回】私にとってノマドワークに必要なアイテムを一挙公開!〜まずは電源関係から〜

関連リンク:【執筆】日刊デジクリにてコラムを執筆しました。MacBook Airの駆動時間を延長せよ!──MacBook Air用外部バッテリーを導入/杏珠

関連リンク:【ガジェット】MacBook Airの外部バッテリーとして使える「HyperMac」を購入してみました 〜まずは購入手順編から〜


 

 

▲トップへ戻る

SPONSORED LINK



The following two tabs change content below.
杏珠(あんじゅ)
1972年生まれ。東京都八王子出身・中野区在住。デジタル機器やデジタルサービスを駆使して、いつでもどこでも人生を謳歌する「デジタル寅さん」として活動中。デジタルの楽しさを知ってもらうためのデジタルサポートを行っています。 その他にはグラフィックデザイナー、料理や食を通じてコミュニケーションを楽しむ研究をしている「食と心の研究家」としても活動。料理コミュニティ「キッチン男子部」の顧問も。