シェアする

【たま日あんじゅ061】クリップボードユーティリティ「Click.to」が便利!

今日はのたま日は、以下の内容になっています。

画像

  • iPhoneアプリぼけ足加工が秀一な「Big Lens」
  • アメブロカスタマイズをしてみたい人にオススメ「アメブロ カスタマイズ&デザインブック」
  • クリップボードユーティリティ「Click.to」
  • DraftPadで欲しい機能と「MyScripts」に興味津々!

詳細は以下に。

 

スポンサーリンク
ad

たま日的「今日の一枚」

部屋の片付けをしていたら、初代プレステが出てきました(笑)

20120229003259

 

たま日的「オススメ本」

アメブロカスタマイズをやりたいけど、難しいことはさっぱり…って言う人に持ってこいの本が出版されました。それが「アメブロ カスタマイズ&デザインブック」です。 テンプレをコピペして、好きな写真を差し替えれば、いい感じのカスタマイズができるので…興味のあるかたはぜひ!

 

 

たま日的「オススメiPhoneアプリ」

先日、連載でお伝えした加工アプリ、一点抜けていたんです。ぼけ足具合も調節できて、Photoshopで選択範囲を自動選択してくれるような機能があります。エフェクトもありますし、オススメですよ(^^)

 

Big Lens 1.0.1305.1 (¥85)

カテゴリ: 写真/ビデオ, ライフスタイル
現在の価格: ¥85(サイズ: 29.5 MB)
販売元:

現在のバージョンの評価: (6件の評価)
全てのバージョンの評価: (55件の評価)

ss1 ss2

 

たま日的「インストールしたMacアプリ」

紹介するタイミングを逃していたのですが…クリップボードユーティリティでステキなアプリが出ていました。それが「Click.to」です。コピペした瞬間に、登録しているアプリに橋渡しできるんですが…これがまた便利!無料なのでぜひぜひ使ってみてください(^^)

skitchXAiFRx

↑こんな感じでにょきってペースト先が表示されます。

 

click.to 1.2.92 (無料)

カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
現在の価格: 無料(サイズ: 4.8 MB)
販売元: axonic – Axonic Informationssysteme GmbH
リリース日: 2011/12/16

現在のバージョンの評価: 無し(0件の評価)
全てのバージョンの評価: (1件の評価)

ss1 ss2

まとめ

昨日の夜に、DraftPadの便利さに感動して、これでiPhoneとiPadでブログが快適にかける!って設定をしつつ、MarsEditのAutomatorでもお世話になっている@toshiya240さんに、こんな質問を投げてみました。

 

DraftPadの便利さを体感中、@toshiya240 さんのネタの数々に感動★ AppHtmlのWebアプリのはき出すタグを、クリップボードにコピーされる仕様になると、任意の入れたいところの挿入できて便利だと思うんですが…これって厳しいですかね?2012-03-04 06:06 via YoruFukurou

@powerangix あんじゅさん、おはようございます。JavaScript というか MobileSafari ではできないっぽいです。 クリップボードにコピーするスクリプトを MyScripts に用意しておいて、それに送る方式なら実現できますが…2012-03-04 08:55 via Tweetbot for iOS

 

質問にお答え頂き、ありがとうございます(^^)するぷろみたいに、コピペされたデータを「クリップボードに貼り付け」の機能がDraftPadに実装されたらうれしいなぁ。

それとは別に、前から気になっていたMyScripts…導入しようかなぁ…と思っています。色々できそうなので★

 

MyScripts 1.2 (¥350)

カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: ¥350(サイズ: 0.7 MB)
販売元: iPhone/iPadの両方に対応

現在のバージョンの評価: (1件の評価)
全てのバージョンの評価: (6件の評価)

ss1 ss2

 

Happy-Go-Lucky: GetTweetAsHtml を拡張する #MyScripts 用スクリプト

 

 

▲トップへ戻る

SPONSORED LINK

The following two tabs change content below.
杏珠(あんじゅ)
1972年生まれ。東京都八王子出身・中野区在住。デジタル機器やデジタルサービスを駆使して、いつでもどこでも人生を謳歌する「デジタル寅さん」として活動中。デジタルの楽しさを知ってもらうためのデジタルサポートを行っています。 その他にはグラフィックデザイナー、料理や食を通じてコミュニケーションを楽しむ研究をしている「食と心の研究家」としても活動。料理コミュニティ「キッチン男子部」の顧問も。
スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

フォローする