シェアする

「Suitcase Fusion 3」のver.14.1アップデートプログラムが公開。ただしアップデートには注意が必要

DTPやデザイン業務で使われているフォント管理ユーティリティSuitcase Fusion 3の最新版が公開されています。アップデートの内容と注意点を記事にしておこうと思います。

skitchQ0mj3O

詳細は以下に。

今回のアップデートの内容

今回のアップデートの注目点は「環境設定にあった「Font Management Core」」が、アプリ内に包括という点です。

スポンサーリンク
ad

Suitcase Fusion 3 の新機能

14.1 の新機能

Extensis フォントパネル

Adobe Photoshop CS5 または CS5.1 用のプラグインは Extensis Font Panel に含まれます。Photoshop でウェブデザインのカンプやプロトタイプを作成している人向けの WebINK フォントを使うことができます。ライセンスに関しての詳細は、WebINK の契約についてを参照してください。

QuarkXPress 9 用 QuarkXPress プラグインへのアップデート

Font Management Core 環境設定

Suitcase Fusion 3 環境設定の中から Font Management Core 環境設定を開くことができるようになりました。 システム環境設定パネルにはなくなりました。

717a044b6948777c7f7f0e40537419b0

CS5.5やQX9の文字も

7bbb01e8ce1cde06b8a6b643e0e08403

環境設定にあったFMCoreがアプリ内に

以前はシステムエラーが起こった場合、FMCoreを起動できずに、再度システムを再起動する必要がありましたが、これで解決されるかもしれません。

5805cfe112fdac1e18243dc1bd0681b3

アプリケーションごとにオートアクティベーションができる

アドビ製品はもちろんのこと、それ以外にもアプリケーションごとにオートアクティベーションの設定が可能です。

b6fa15b19ad6a6a0e829c1d98b16922e

フォントセットに「アプリケーションセット」が追加

前回のアップデートで確認していなかったのですが、フォントのセットの項目に「アプリケーションセット」が追加されています。

bdcd6c7c65f925cd9b852fcc4afda034

フォントプレビューの種類が追加

特定の文字だけでなく、サイズ違いや文章でのフォントレビューが可能です。

4097d2129e6fe3f014fde1e0eefc1ea5

4aaa3ce6bdfe0d5b3c2ad9e2a845c5e8

まとめ

メインマシンのMacBook Proで使っているシステムは10.6.8なのと、CSも5.5にアップデートしていないので、今回のアップデートは見送ってもよかったのですが「環境設定からFMcoreが外れた」という点でアップデートをかけることにしました。ただし、今のところ「システムエラーの再起動時にFMcoreが立ち上がらない」という検証はできていませんので、システムエラーが出たときにどうなったかを追記したいと思います。

それ以外で、使ってみて注意点(というか、アップデートはまだ控えた方がいい)を2点ほど上げてみます。 ちなみに日本の発売元であるTooのサイトでは、現時点で14.1のアップデートプログラムの配布はされていません。Lion対応のアップデートは14.0.6からになりますので、Lionに対応させたいということであれば、14.0.6のアップデートにとどめておくことをオススメします。

14.0.5からの新機能 ・Mac OS X版:OS X 10.7 Lion対応 ・WIndows版/Mac OS X版共通:オートアクティベーションプラグインがAdobe Creative Suite 5.5に対応しました(Creative Suite 5.5内の対応アプリケーションはIllustrator CS5.1、InDesign CS5.5、Photoshop CS5.1です)。

ソフトウェア・トゥー:ダウンロード
Lion対応バージョン(14.0.6)はこちらから
登録フォントが突然認識しなくなる

InDesignCS4(6.06)環境下で使っているときに、SuitcaseFusion3で登録したフォントが突然認識しなくなり、いったんFinderに切り替えてからInDesignに戻ると、再度認識されるようになった現象が起こりました。

ポストスクリプトフォントがリムーブされる?

これはextensisのフォーラムで書かれていたことですが、書き込み主の方が「登録しているフォントがリムーブされる」という書き込みをされているようです。私の環境下ではそういったことはありませんでしたが、古いPSフォントなどを使っている方は要注意かもしれません。


WARNING: Suitcase Fusion 3 v14.1 update removes Postscript fonts
ポストスクリプトのフォントで、いくつか認識しないという書き込みも。


SPONSORED LINK

The following two tabs change content below.
杏珠(あんじゅ)
1972年生まれ。東京都八王子出身・中野区在住。デジタル機器やデジタルサービスを駆使して、いつでもどこでも人生を謳歌する「デジタル寅さん」として活動中。デジタルの楽しさを知ってもらうためのデジタルサポートを行っています。 その他にはグラフィックデザイナー、料理や食を通じてコミュニケーションを楽しむ研究をしている「食と心の研究家」としても活動。料理コミュニティ「キッチン男子部」の顧問も。