シェアする

【ガジェット/ライフハック】よく使うモノは複数用意する 〜ロジクール「Unifyingレシーバー」を購入してみました〜

ワタシは普段、M950というロジクールのマウスを使っているのですが、出かけるときにあるものを忘れることが多くて、出先でマウスが使えなくなることがたびたびありました。

その忘れ物とは…そう「ワイヤレスマウスのレシーバー」です。

RC24-UF_1

小さくてコンパクト故、持って行くのを忘れてしまうのを防ぐために、レシーバーだけを売っていたので「Unifyingレシーバー」を購入してみました。

詳細は以下に。

スポンサーリンク
ad

忘れることがあるなら、複数買っておくハック(笑)

出かけるときに忘れてしまう心配があれば、同じモノを2つ買っておいて、出先やカバンの中に常に入れておく。このハックはいろいろなシチュエーションで使われています。ノートPC関連であれば、ACアダプタ、ケーブルなど。文房具も全く同じモノじゃないですが、筆記用具(ボールペン、はさみ、修正シール、のり、ポストイット)を同じモノを購入して、カバンの中に突っ込んでおきます。モノによっては値段などの問題もありますが、忘れたときにリカバリーできない状況になることを考えたら、十分なリスクヘッジになります。ということで、今回はワタシが非常に忘れやすい部品「Unifyingレシーバー」を購入してみました。

CIMG5322.JPG

↑中身は説明書とレシーバーのみ

skitchie5sXe

↑とにかくちっこい

CIMG5361.JPG

↑取り付けるとこんなかんじ

CIMG5324.JPG

↑マウスの電池ボックスの中に入ります(ちなみにマウスはM950というマウスを使っています)

使用後の感想

よかった点

普段メインで使っているMacBook Proには、モニタにUSBのハブ機能があるので、そこにレシーバーをくっつけています。で、持ち歩く時用のMacBook Airにレシーバーを指しっぱなしにしておくか、マウスの電池収納部分に入れておけば、出先でレシーバーを忘れてマウスが使えなくなるという心配がなくなりました(^^)

使ってみての注意点

  1. 複数台に接続した際に、同時に使えない
    使用上、MacBook ProとMacBook Airの両方につけていた場合、使うたびにどちらかを外して設定をする必要があります。
  2. 発売先がロジクールのオンラインのみでしか購入できない
    部品扱いのためか、レシーバーのみを購入できるのは、調べたところロジクールのオンラインショップでしか購入できないようです。 その場合、レシーバー単品の場合、配送料が発生しますので割高感があります。マウスなど他の商品を購入予定であれば、一緒に購入されることをオススメします。(ちなみにクレジット払いであれば、代引き手数料はかかりません。)

    注文内容確認 - ロジクールストア

まとめ

イベント会場で忘れものをすると、取り返しのつかない時があります。余分にモノを持っていて回避できるのであれば、できるだけ汎用性の高いモノや、組み合わせれば使えるモノなど、普段から考えておくのもいいと思います。(変換ケーブルや乾電池でガジェット機器を充電できるモノなど)今回のレシーバーは、これ以外に代わりがないモノなので、予算がつくのであれば、買っておいて損はないと思います(^^)

製品紹介:Unifyingレシーバー

パーツ関連>マウス&キーボード用パーツ>Unifyingレシーバー(Unifying対応した機種のみ対応)[RC24-UFR] – ロジクールストア

Unifyingレシーバー(Unifying対応した機種のみ対応)

価格:800円(税込)型番:RC24-UFR
The following two tabs change content below.
杏珠(あんじゅ)
1972年生まれ。東京都八王子出身・中野区在住。デジタル機器やデジタルサービスを駆使して、いつでもどこでも人生を謳歌する「デジタル寅さん」として活動中。デジタルの楽しさを知ってもらうためのデジタルサポートを行っています。 その他にはグラフィックデザイナー、料理や食を通じてコミュニケーションを楽しむ研究をしている「食と心の研究家」としても活動。料理コミュニティ「キッチン男子部」の顧問も。