シェアする

【iPhone7】Apple Payに登録したSuicaとクレジットカード情報が消えた? 復旧方法と原因が判明!

タイトル

先日、iPhone7にiOS10.3.3へのアップデートを実行して失敗し、iTunes経由でバックアップしたデータから復旧をしました。

バックアップ後に諸々設定をして、いつも通りに戻ったと思ったら…まだ設定していない項目がありました。それは、ApplePayの設定です。

「ReceiptKeeper」という、MacでSuica情報を読み取れるアプリを使って、カード履歴を読み込もうと思ったんですけど…あれ?WalletアプリにSuicaが表示されないんです。いやいや、まさかね…カードデータとか飛んでないよね?(汗)

設定アプリから「WalletとApple Pay」の情報を見たら…ぐは!登録したカード情報が全部飛んでる!マジか!どうすんのこれ?って思ったんですけど、原因が分かって無事に復旧できました。

ということで、Apple Payに登録したカード情報が消えた理由と、復旧方法をまとめました。

スポンサーリンク
ad

Apple Payに登録していたカード情報が消えた理由

Appleのサイト内にあるApple Payのページに、こんな風に書かれています。

iOS デバイスでは、Touch ID かパスコードを設定する必要があります。パスコードをオフにすると、すべてのクレジットカード、プリペイドカード、Suica がそのデバイスから削除されます。Apple Watch では、パスコードを設定し、手首検出を必ずオンにしてください。手首検出をオフにしたり、パスコードをオフにしたり、iCloud からサインアウトしたりすると、クレジットカード、プリペイドカード、Suica がすべて Apple Watch から削除されます。

引用元:日本の Apple Pay について – Apple サポート

Apple Watchの事で書かれていますが、iPhoneでもiCloudからサインアウトするとカード情報が削除されるようですね。ということで、カード情報が消えた原因は分かったので、復旧作業にとりかかります。

登録したカード情報を復旧させる方法

Apple Payで登録したカード情報を復旧させる方法ですが、Suicaとクレジットカード、それぞれ復旧方法が違います。

Suicaの場合 Suicaの残高を含めたカード情報がiCloud上に保存されているので、その情報を読み込んで復旧させます。

Suica はデバイスから削除しても残高が保存され、それと同じデバイスまたは別の Apple Pay 対応デバイス上で同じ Apple ID を使って iCloud にサインインすれば、Apple Pay に追加し直すことができます。

引用元:日本の Apple Pay について – Apple サポート

クレジットカードの場合 Apple Payでクレジットカードが使えるように、新規で登録するのと同じ工程でした。ちなみに私が登録していたカードは、正確に言うとクレジットカードではなく、ソフトバンクカード(プリペイドカード)になります。

カード情報を登録(復旧)させるための準備

「設定」アプリの場合

「設定」アイコンをタップ WalletとApple Payをタップ カードを追加をタップします。

ApplePayに登録したカード情報を復元_001

Walletアプリの場合

Walletアプリをタップ 右上の+をタップします。

ApplePayに登録したカード情報を復元_002

登録したSuicaを復旧させる方法

1「設定」アプリかWalletアプリのどちらかの「カードの追加」の操作をした次の画面で、右上の次へをタップ 「カードの種類」画面のSuicaをタップします。

ApplePayに登録したカード情報を復元_003

2「カードを再度追加」の画面に、Apple Payで登録したSuicaが表示されますので、該当するSuicaをタップ 次へをタップします。

ApplePayに登録したカード情報を復元_004

▲私は交通費用と購入用の2枚を登録していたので、2枚表示されています

3カードが追加され、そのままエクスプレスカードにも設定されました。

ApplePayに登録したカード情報を復元_005

▲エクスプレスカードの設定はあとでも変更できます

クレジットカードの追加方法

文頭でも書きましたが、クレジットカード(プリペイドカード)に関しては、Apple Payで登録した情報からの復旧ではなく、新規で登録する方法と変わりませんでした。

でもせっかくなので、Apple Payにクレジットカードを追加する方法も書いておきます。

1設定アプリかWalletアプリからカードを追加する手順を踏み、お手元にあるクレジットカードを画面枠内に収めて情報を読み取るか、もしくはカード情報を手動で入力をタップします。

ApplePayに登録したカード情報を復元_006

2「名義」「カード情報」を入力後、画面右上にある次へをタップ 「有効期限」「セキュリティコード」(カード裏に書かれているコード)を入力し、画面右上の次へをタップします。

ApplePayに登録したカード情報を復元_007

3利用条件の画面が表示されたら規約内容を確認後、右下の同意するをタップすると、登録内容の確認作業が行われます。

ApplePayに登録したカード情報を復元_008

4登録できるカードで、カード情報に問題がなければ、Walletにカードが追加されます。追加されたカードを確認するには「設定」アプリの「WalletとApple Pay」か、Walletアプリで確認ができます。

ApplePayに登録したカード情報を復元_009

あんじゅの思うトコロ

もし、Suicaのカード情報がなかったのに気づかずに、電車に乗るときや買い物の支払いの時だったら、めっちゃ焦ったかと(汗)

Apple PayにクレジットカードやSuicaを登録していて、よく使う人だったら、使用時まで気がつかない可能性もあるかと思います。

それにしても、Apple Payにクレジットカード情報の復旧をするのは、手元にあるクレジットカードを使って再登録すればいいとして、Suicaの復旧に関しては、どうしていいのか不安になるんじゃないでしょうか?

今回紹介した方法だと、新規でSuicaを追加するしかないのかな?って思われても仕方ないと思います。

iCloud上にSuicaの登録情報があるなら、設定アプリ内の「WalletとApple Pay」画面内か、カード追加画面内に「お手持ちのSuicaがあります。再度追加しますか?」といった感じの説明書きがあればいいんじゃないかな?と。

と言っても、仕様が変わらない限り、この方法で復旧するしかないかと思いますので、iPhoneをバックアップから復旧したり、初期化した方は、Apple Payの登録情報を確認してみてくださいね!

杏珠
以上、Magic Trackpadを最近譲り受けた杏珠でした。それではまた!

よく読まれているiPhone7関連記事はこちらから

iPhone関連でよく読まれている記事はこちらです

The following two tabs change content below.
杏珠(あんじゅ)
1972年生まれ。東京都八王子出身・中野区在住。デジタル機器やデジタルサービスを駆使して、いつでもどこでも人生を謳歌する「デジタル寅さん」として活動中。デジタルの楽しさを知ってもらうためのデジタルサポートを行っています。 その他にはグラフィックデザイナー、料理や食を通じてコミュニケーションを楽しむ研究をしている「食と心の研究家」としても活動。料理コミュニティ「キッチン男子部」の顧問も。