シェアする

印刷物から気軽に文字おこしをしたいなら「画像、写真から文字を認識するOCRアプリ」を使うといいかもよ?

タイトル

飲食店のサポート業務をしていると、元々あった印刷物(チラシ・メニュー等)のリニューアルデザインをすることがあります。

印刷物内で使われている文章をそのまま使うのであれば、そこから文字おこしをする必要がありますが、文章量が多いと文字おこしに時間がかかってしまいます。

そんな時に便利なアプリがありました。「画像、写真から文字を認識するOCRアプリ」というアプリで、印刷物などをiPhoneで撮影し、そこから文字おこし(OCRテキスト変換)してくれるアプリです。

出先でさっと文字おこしをするなら、十分な認識度かつ、無料で使えるアプリだったのでご紹介しますね!

スポンサーリンク
ad

「画像、写真から文字を認識するOCRアプリ」の使い方

1アプリを起動したら、文字おこしをしたい対象物をアプリ内のカメラで撮影、もしくはカメラアプリで撮影したものを読み込ませます。

OCR_使い方_01

▲手元にあったマックのチラシをOCR化してみました

2しばらくすると認識結果がテキストデータとして表示されます。テキスト部分は通常の文字データとして使えるので、コピーペーストすれば他のアプリでもつかえますし、テキスト化した結果も履歴として保存できます。

OCR_使い方_02

▲改行もちゃんと認識(笑)

3履歴からいつでも過去のテキスト化したデータを呼び出すことができますし、テキスト化したものは添付データとしてメールで送ることも可能です。

OCR_使い方_03

▲全文コピーや、DropBoxなどメール以外での添付ファイルの受け渡しもできると嬉しかったり

あんじゅの思うトコロ

書籍デザインの場合、編集さんやライターさんが整理された文字原稿を用意してくれることがほとんどです。

ですが、クライアントと直接デザイン仕事をする場合、文字原稿の用意も自分でやることが多く、文字原稿もテキストデータではなく、印刷物を渡される場合があります。

その場でデザイン作業をする時に、文字の分量にもよりますが、こういったOCRアプリがあると、テキスト起こしの時間を短縮してデザインにも当てられるので、いざというときのために持っていてもいいかな、と。

OCRを使ってみて「お、これはいいな!」と思った方は、広告なしのPRO版も用意されていますので、気になる方はチェックしてみて下さいませ(≧∇≦)

杏珠
以上、そろそろビアガーデンの季節ですね…と思う杏珠でした。それではまた!
OCR-pro
480円
(2017.07.11時点)

iTunes で見る

posted with ポチレバ

関連記事

The following two tabs change content below.
杏珠(あんじゅ)
1972年生まれ。東京都八王子出身・中野区在住。デジタル機器やデジタルサービスを駆使して、いつでもどこでも人生を謳歌する「デジタル寅さん」として活動中。デジタルの楽しさを知ってもらうためのデジタルサポートを行っています。 その他にはグラフィックデザイナー、料理や食を通じてコミュニケーションを楽しむ研究をしている「食と心の研究家」としても活動。料理コミュニティ「キッチン男子部」の顧問も。