シェアする

大きな忘れ物の持ち主はいずこへ…という話。

タイトル

当ブログでちょいちょい話題になるコインランドリー。

そんなコインランドリーで先日、ちょっと不思議なものを3つばかり発見しまして…今日はその話を。

スポンサーリンク
ad

大きな大きな忘れ物

それはある金曜の夜のことでした。

洗濯物がたまってきて、週末は仕事の追い込みだけど、着るモノも少なくなってきたんですよね。しかも週末は雨になるかも…という判断から、22時過ぎぐらいに行きつけのコインランドリーに出かけました。

現地に着いたら…おお、結構混んでるじゃないですか。そうかそうか、いつもは平日の明るいうちに来るので、こんなに混んでいるとは思わず、ちょっとびっくりしました。

ラッキーなことに、ちょうど大型のドラム式洗濯機が空いていたので、洗濯物を洗濯機にいれて洗濯を開始。さて、待ち時間を使って買いだしても…と思ったその時でした。

2週間前の日付

洗濯機の上を見てみると、大きなゴミ袋に入った袋がふたつと、カバンがひとつありました。それには「取り出しカード」という洗濯や乾燥が終わってから長時間、洗濯物を取りに来ないと張られるシートが貼られていました。

「ああ、今日混んでるし、まあしゃーないかな?」と思ったんですけど、よく見たら日付が2週間前や1週間前のものだったんです。

次の日ならまだしも、一週間とか二週間っていうのは…そもそもここで洗濯したことを忘れたのか、はたまた外国人の方が置き忘れてこの地を去ったのか…理由は定かではありませんが、結構こういう忘れ物ってあるんでしょうかね?

あんじゅの思うトコロ

忘れ物といっても、連絡したくても連絡先とかが分かる訳じゃないし、コインランドリーで決められたルールが過ぎたら処分されるんでしょうけど…なんとも不思議で大きな忘れ物でした。

コインランドリーに行くときは、泥酔状態で行かないようにしなきゃ…と思った次第です。(違)

杏珠
以上、湯船に浸かるかどうしようか迷っている杏珠でした。それではまた!

コインランドリー関連でよく読まれている記事はこちらです

The following two tabs change content below.
杏珠(あんじゅ)
1972年生まれ。東京都八王子出身・中野区在住。デジタル機器やデジタルサービスを駆使して、いつでもどこでも人生を謳歌する「デジタル寅さん」として活動中。デジタルの楽しさを知ってもらうためのデジタルサポートを行っています。 その他にはグラフィックデザイナー、料理や食を通じてコミュニケーションを楽しむ研究をしている「食と心の研究家」としても活動。料理コミュニティ「キッチン男子部」の顧問も。