シェアする

思ってたことがそうであって欲しくない瞬間。〜インフルエンザ・ウイルスBに感染してました〜

先週の日曜日のことでした。寝起きからぼーっとしていて「風邪かなー?」と、市販の風邪薬を飲んだらなんとなく回復の兆しが見えたので、しばらく様子見をしていた結果…インフルエンザ・ウイルスBに感染していました(;´Д`)

スポンサーリンク
ad

体温が39度台と36度台をいったりきたり

翌月曜日、また熱が上がってきて、体温計で測ったら39度台。もうフラフラで立つのがやっとなぐらいになっていて、薬箱にあったロキソニンを飲めば36度台までは落ち着いてました。

ですが、数時間後にはまた39度台に上がり、凍えるような震えが止まらない状態。

またロキソニンを飲むと一旦は体温が下がり始めるのですが、滝のような汗が止まらなく、体力も削られていきます。

咳も痰も出て、鼻づまりが起こり、床ずれになりそうなぐらいずっと横になっていて…色々限界でした。

インフルエンザじゃないことを願う

症状としてはほんとに風邪な感じなのですが、ここまで体温があがるとなると「インフルなのかな…」と思いましたけど、そうじゃないといいなーって淡い期待を持っていました。

もうさすがに3日もこんな状況であれば、お医者さんにみてもらったほうがいいと思って、総合病院に予約を入れました。

前日の夜中に最後のロキソニンを飲んで、翌朝に備え、次の日に病院へ。

レントゲンからインフル検査に

受付で症状を聞かれて話したところ、まずはレントゲンから撮影して診察へ。

問診から触診をしていて「肺炎はなさそうだけど、もしかしたらインフルかもしれないので、検査してみましょう」と、鼻から綿棒を突っ込まれて泪目になってました(汗)

インフルエンザ・ウイルスB確定

30分ほどして先生に呼ばれて、検査結果が伝えられました。

先生「えーと、インフルエンザですね。

ああ、やっぱり…。

先生「もうインフルエンザは下火になってきてるんですけどねぇ…。」

先生「(イナビルの)解熱が本格的に効くのは明日あたりで、お仕事とか外出されるなら19日位まで控えてくださいねー」

先生「インフルエンザごときで会社休めないとか言う人がいますけど、感染してからじゃ遅いですからね、絶対NGです。」

先生「私たち医者でもそうしてますから、必ず安静にしてください。」

もう色々諦めた方がいい情報をフルコンボで聞いてきたので、もうしばらく大人しくすることにしました。

初イナビル服用

診察が終わって処方箋をもらい、薬剤師さんの所に行って薬の説明を受けました。

で、インフルエンザのお薬であるイナビルの説明を聞き終えたら「あ、いまここで吸引していきますか?」と言われたので、ささっと吸引し、痛み止めをもらって帰宅。

その場で吸引してきたので写真がないのですが、イナビルはプラスチックケースに入っていて、ケースをスライドすると吸引できるようになります。

左右各2回、計4回を2個吸引してきました。味も特になく、粒子が細かいせいなのか、あまり吸った感覚がありませんでした。

熱が下がらない

イナビルのことを知っている友人に聞くと「結構早めに効くので、落ち着くといいねー」と言っていたので早めに効いてくれるといいなぁ…と思っていました。

吸引してから5時間ぐらい経過しても、クスリが効いてる感じはなくて、逆に熱が上がってきている感じが。

「ああ、これは体の中で頑張ってくれてるのかなぁ?」って思っていたんですが、熱を測ったら39度を超えてきて、さすがに寝ててもしんどい状態になったので、いただいた解熱剤のカロナールを飲みました。

…しかし、2時間ぐらい経っても熱は下がらず、こりゃどうしたモノかと(汗)

カロナールは4時間以上空けての服用

薬剤師さんの話だと「カロナールは38度以上で辛くなったときに服用してください。一日3回までで、間は4時間以上空けてくださいね。」と言われていたので、もうちょっとガマンするしかないかなぁ…と思い始めた矢先に、だんだんと体温が下がっていく感覚が出てきて、今ようやく落ち着いたところです。

あんじゅの思うトコロ

咳と鼻づまり、だるさは残っていますが、一番キツい山場は超えた感じです。

でも、まだ解熱剤が効いているからかもしれませんし、色々やることはありますが、今日明日はゆっくりしたいと思います(;´Д`)

皆さんもお出かけから帰ってきたら、手洗いうがいはきちんとしましょうねー!

お薬手帳のアプリ版「お薬手帳プラス」

ちなみに今回は使わなかったのですが、日本調剤の薬局と連動しているアプリ「お薬手帳プラス」を使うと、処方箋を写真で送れば手続きをしてくれるとのこと。

あんまり処方箋をもらう機会がありませんが、頻繁に処方箋をもらう方で、日本調剤の薬局を使う方は試してみるのもいいかと!

お薬手帳プラス

▲処方してくれた履歴も登録してくれます

「お薬手帳プラス」日本調剤の電子お薬手帳【価格:無料/2017.3.16現在】
杏珠
以上、寝過ぎて腰が痛い杏珠でした。それではまた!

関連記事

The following two tabs change content below.
杏珠(あんじゅ)
1972年生まれ。東京都八王子出身・中野区在住。デジタル機器やデジタルサービスを駆使して、いつでもどこでも人生を謳歌する「デジタル寅さん」として活動中。デジタルの楽しさを知ってもらうためのデジタルサポートを行っています。 その他にはグラフィックデザイナー、料理や食を通じてコミュニケーションを楽しむ研究をしている「食と心の研究家」としても活動。料理コミュニティ「キッチン男子部」の顧問も。