シェアする

漫画のエッセンスをブログに取り入れよう!漫画のコマをブログに埋め込めるWebサービス「マンガルー」を使ってみた。

タイトル

ブログやSNSで、漫画の一コマを画像として使っているのをよく見かけます。フリー素材として公開しているモノは別にして、大抵は無断で使っているのではないでしょうか?

そんな状況の中、登録された漫画の中からではありますが、自分の気に入った漫画のコマを指定してシェアできるWebサービス「マンガルー」が始まりました。

「こういったシチュエーションで、この漫画のコマを使いたい!」という場面で使えそうなので、早速登録して使ってみましたよ!

スポンサーリンク
ad

マンガルーとは?

ユーザー登録をし、登録された漫画の中から、自分の気に入ったコマ(選択範囲)を切り出して、それをブログやWebサイトに埋め込むためのコードが作れます。FacebookやTwitterなどでシェアもできますよ!

▲こんな感じで埋め込めます

マンガルー紹介動画

マンガルーの使い方

ということで、さっそくユーザー登録から実際に使う方法を説明します!

ユーザー登録

1まずはマンガルーにアクセスし、ユーザー登録をします。メールアドレスを入力マンガルーを利用開始をクリックします。

ユーザー登録

2必要事項を入力『利用規約の内容に同意します』のチェックボックスをチェック送信をクリックします。

マンガルー設定画面

3送信完了の画面が出たら、マンガルーからアカウント発行完了のメールが届くまで待ちます。私の場合は次の日に届いていました。

マンガルー設定画面

4マンガルーから「【マンガルー】アカウント発行完了のお知らせ」というタイトルのメールが届くので、メール内のURLをクリックしてパスワードの設定をします。これで登録設定は完了です。

マンガルー設定画面

さっそく使ってみよう!

1マンガルーにログインしてコマをつくるをクリックします。

コマを選ぶ

(参照元:Mangaloo(マンガルー) – マンガ素材活用サービス

2使いたい漫画を探してクリックします。

マンガルー設定画面

(参照元:Mangaloo(マンガルー) – マンガ素材活用サービス

サービスを始めたばかりなので、まだ冊数は少ないようですが、これから随時追加していくとのこと。

現在権利者様とお話し合いを進めており、コンテンツの増強を進めております。
もし使いたい作品がございましたら、お問い合わせフォームよりご要望をご連絡くださいませ。ご要望が多い作品はなるべく早く掲載できるよう尽力します。

引用元:マンガルー FAQ

マンガルー設定画面

(参照元:Mangaloo(マンガルー) – マンガ素材活用サービス

3使いたいコマの漫画を選んで下にスクロールしていくと、漫画が読めるようになります。

漫画決定

(参照元:Mangaloo(マンガルー) – マンガ素材活用サービス

ここで読みふけるのをガマンして(笑)お目当てのコマを見つけたら、選択範囲を囲むと、画面右にサムネイルが表示されるのでコマ作成をクリックします。

コマ選択

(参照元:Mangaloo(マンガルー) – マンガ素材活用サービス

4選択したコマの詳細を設定します。ブログやサイトに埋め込む場合は、埋め込みコードをコピペして貼り付ければOKです。

マンガルー設定画面

(参照元:Mangaloo(マンガルー) – マンガ素材活用サービス

コマの大きさも任意で決める事もできますし、配置する位置なども設定できます。

マンガルー設定画面

(参照元:Mangaloo(マンガルー) – マンガ素材活用サービス

こんな感じで埋め込みができます。パソコンでこの記事を読んでいる方は、マウスを画像に重ねてみてください。購入できるリンクが画像下部に表示されます。

すでにカットされているコマからさがす

『漫画を調べてコマを切り抜くの面倒くさい!』って方は『コマをさがす』を使えば、漫画のタイトルやキーワード、タグなどからコマを選ぶこともできます。

マンガルー設定画面

(参照元:Mangaloo(マンガルー) – マンガ素材活用サービス

並び替えも関連度や新着、人気から選ぶことも可能です。

マンガルー設定画面

(参照元:Mangaloo(マンガルー) – マンガ素材活用サービス

SNSでシェアする

SNSでシェアしたい場合は共有URLをコピペして使うか、TwitterやFacebookのボタンを押せば、それぞれのSNSに直接シェアすることもできます。

Fbでシェア

(参照元:Mangaloo(マンガルー) – マンガ素材活用サービス

Facebookのシェアボタンを押すと『#マンガルー』のハッシュタグが付加された状態で投稿編集画面になります。

マンガルー設定画面

こんな感じで投稿されます。

Facebook投稿画面

Twitterの場合はこんなかんじに投稿されます。

あんじゅの思うトコロ

ブログの記事で、文章よりも写真の方が伝わりやすいことも多いのですが、漫画のコマにするとより分かりやすい場合もあります。世に出回っているすべての漫画が使えるワケではありませんが、著作権を気にしないで使えるのはありがたいです。

埋め込み画像に対してリンクが張られていて、それらをクリックすると、その本が買えるサイトやサービスに飛べます。ただコマを使うだけではなく、漫画の販促に一役買っているのもいいですね(๑′ᴗ‵๑)

使用上の注意

可能性を秘めたマンガルーですが、いくつか気になる点もあります。

埋め込んだコマはいつまで表示されるのか?

埋め込みコードを使用して画像を表示するとなると、大元のデータが使えなくなった場合はどうなるのか?という疑問が湧いたので、FAQで調べてみたらこんな回答がされていました。

コンテンツは期間を区切ってお借りしておりますが、継続して使用できるよう権利者様と調整いたします。 貸与の打ち切りなどでコンテンツが配信停止となった場合、お知らせに記載の上、「都合によりこの画像は配信停止となっています」との文章を該当作品をつかったサイト上のコマが埋め込まれていた場所に表示します。

引用元:マンガルー FAQ

よほどのことがなければ大丈夫かとは思いますが、そういった可能性もあるということを頭の片隅にいれておきましょう。

漫画のコマをブログやサイトに埋め込んで、いつもと違った雰囲気を出したい!SNSで気軽に投稿したい!って思った方は、ぜひぜひ使ってみて下さいね。

杏珠
以上、ドラゴンボールやスラムダンクあたりが使えるようにならないかなー?って思った杏珠でした。それではまた!

関連リンク

The following two tabs change content below.
杏珠(あんじゅ)
1972年生まれ・東京都八王子出身。デジタル機器やデジタルサービスを駆使して、いつでもどこでも人生を謳歌する「デジタル寅さん」として活動中。デジタルの楽しさを知ってもらうためのデジタルサポートを行っています。 その他にはグラフィックデザイナー、料理や食を通じてコミュニケーションを楽しむ研究をしている「食と心の研究家」としても活動。料理コミュニティ「キッチン男子部」の顧問も。