シェアする

強化ガラス保護フィルムを貼ったiPhone、地面まで1メートルの所から落ちたらどうなるのか?

先日「大掃除の最後に、スマホの保護フィルムの張り替え!「Anker GlassGuard iPhone6用 強化ガラス液晶保護フィルム」に張り替えてみる!」という記事を書いて、大掃除のつもりでフィルムを張り替えたのですが、おおふ…今日、予想のつかない事が起こりました。

スーパーカブ&自転車に六角レンチ一本で取り付け可能なSurf station スマートフォンホルダーを試す!」の記事で紹介した、自転車の固定ホルダーから、iPhoneを取り外すときに手を滑らせて、我がiPhone6を落としてしまったのです(汗)

コンクリートの地面に落ちたiPhone。しかも画面側から落ちました。めっちゃめちゃ画面見るのが怖いけど、拾わないわけにはいかず。iPhoneを拾い上げて画面をおそるおそる見てみたら…ああ、貼っておいてよかったという結果に。

スポンサーリンク
ad

地上まで約1メートルのところから落下

自転車

自転車のホルダーから地面までは約1メートル。iPhoneが落ちた瞬間に「あぁーっ」って、思わず言ってしまいました。人ってホントに「あぁーっ」って言うんですね(笑)

と、それはさておき、結果を先に言うと「画面の端だけ3ヶ所、ちょこっと割れた」状態でした。

iPhone本体

▲ぱっと見、落ちた後とは思えない状態

割れた状態

▲右上の保護フィルム、本体左下と右下にそれぞれヒビが入っていました

まあでも、これだけで済んでよかったです。普通、約1メートルの高さからiPhoneを落としたのなら、画面全体にヒビが入るなど、被害はもっとひどかったかと思います。

この状況まで守ってくれるかどうかは保証はできませんが、カバーや保護フィルムを絶対に付けたくないという裸族以外の方、特によくモノを落とす方は、画面の修理代もバカにならないですから、せめて保護フィルムだけでも付けて欲しいなぁ…と思った一日でした。

そんなことを言っていたら、Kindleのカバーも欲しくなってきた杏珠でした。今回はこの辺で…ではまた。

The following two tabs change content below.
杏珠(あんじゅ)
1972年生まれ。東京都八王子出身・中野区在住。デジタル機器やデジタルサービスを駆使して、いつでもどこでも人生を謳歌する「デジタル寅さん」として活動中。デジタルの楽しさを知ってもらうためのデジタルサポートを行っています。 その他にはグラフィックデザイナー、料理や食を通じてコミュニケーションを楽しむ研究をしている「食と心の研究家」としても活動。料理コミュニティ「キッチン男子部」の顧問も。