シェアする

オーブンにフライパンごと突っ込めるダイヤモンドコートパンでフライパン料理を充実させるっ!

タイトル

料理をするのは好きですが、時には手抜きご飯も作りたいときもあるんです(笑)

そういうときによくやるのが「フライパン料理」。

フライパンで料理をして、そのままテーブルに出して食べちゃうので、洗い物も少なくて済みます(*´∀*)
そんなフライパン料理もですね、作っていくと変なこだわりが出てきちゃうんですよ。たとえば魚のグリル料理とか(笑)

フライパンでできるだけ簡単に、でも、レパートリーを増やしたいという結果…フライパンのままオーブンで調理できるものがあればいいんじゃないか?というトコロに行き着き、ほしいものリストに「オーブンに突っ込めるフライパン」が追加されました。

そんなフライパンをですね…ああ、魅惑のワンダーランド、中野のドン・キホーテで見つけちゃった訳です(笑)

スポンサーリンク
ad

アイリスオーヤマ ダイヤモンドコートパン 9点セット

外箱

フライパンと鍋のサイズがそれぞれ2種類あって、全部で4種類です。

フライパンが重ねられます

▲左が鍋、右がフライパンです

蒸し焼き用のふたと、冷めた後に使えるプラスチックのふた、それぞれ2種類あります。

プラスチックのフタ

▲調理した後、冷蔵庫などで保存する時に便利です

蓋を閉めるとこんな感じ

▲きっちりフタを締められます

調理用の蓋

▲取っ手部分は当たらないように空いています

取り外しができるグリップがついています。

取っ手部分

▲外す時はレバーをスライドさせてからボタンを押す仕組みになっています

ココがいいところ!

そのままオーブンに入れられる

一番使用したかった方法で、素材を入れてフライパンのままオーブンに突っ込めます。

グラタンやピザなど、火を通したものに焦げ目をつけたい料理や、グリル料理などに大活躍です。キッチンペーパーもいりませんし、フライパンのままテーブルに出すことができます。

グリル料理

▲ブリカマを下ごしらえして、フライパンに突っ込んでオーブンで焼きました

揚げ物としても使える

揚げ物もフライパンで作ることが可能です。フッ素加工のフライパンだと、揚げ物をしないようにという注意書きがありますが、こちらの商品は揚げ物もちゃんとできますね(*´∀*)

揚げ物

▲揚げる量によってフライパンか鍋を選べます

取っ手が外せるので、重ねて収納が可能

フライパンの取っ手が外せますので、収納をするときに重ねつつ、取っ手分のスペースを取らなくていいので、コンパクトに収納できます。

フライパン収納

▲作業台の下にさくっと置けます

ココが気になるトコロ!

一番大きなサイズのフライパンのふたがない

一番大きなサイズ(26センチ)のフライパンのみフタがありません。弱火でじっくり調理したいときや、落とし蓋で煮込むときなどは、アルミホイルなどでふたを作る必要があります。

大きなサイズのフライパン

一番小さなサイズの鍋・フライパンの設置部分が不安定になる

これが一番気になるところですが、一番小さいサイズの鍋・フライパンに取っ手をつけて調理をしようとすると、ガス台の置き場所によっては、取っ手の方が重くバランスが崩れて倒れそうになります。

なにかしらフライパンに具材などが入っているといいのですが、空のままガス台に置く場合は、奥よりに置く方がよさげですね。

小さいフライパンをガス台に置いた場合

▲材料をいれるときに、手前に寄らないように注意して下さい

あんじゅの思うトコロ

小さめのサイズの鍋に取っ手をつけるとバランスが悪い…という点のみ、置き場所に気をつければいいので、それ以外は満足のいく商品です。

このサイズと数量で6500円だったので、十分元は取れてますね!(Amazonでは2017年4月26日現在、5,980円から販売しています。)

一人暮らしで、いろんな料理をしたいという方であれば、この商品はおすすめですよ(*´∀`*)

ちなみに今回紹介したフライパンはIH非対応タイプです。IH対応版が欲しい方はこちらをどうぞ(๑′ᴗ‵๑)

The following two tabs change content below.
杏珠(あんじゅ)
1972年生まれ。東京都八王子出身・中野区在住。デジタル機器やデジタルサービスを駆使して、いつでもどこでも人生を謳歌する「デジタル寅さん」として活動中。デジタルの楽しさを知ってもらうためのデジタルサポートを行っています。 その他にはグラフィックデザイナー、料理や食を通じてコミュニケーションを楽しむ研究をしている「食と心の研究家」としても活動。料理コミュニティ「キッチン男子部」の顧問も。